2009年02月15日

おすすめハードボイルド『ウィチャリー家の女』ロス・マクドナルド (著)

女の名はフィービ・ウィチャリー。二十一歳。
彼女は霧深いサンフランシスコの波止場から姿を消し、杳として行方が知れなかった。
彼女の父から娘の調査を依頼されたアーチャーのこころには、何故かフィービの美しく暗い翳が重くのしかかっていた……。

アメリカ家庭の悲劇を描くハードボイルド派巨匠の最高傑作!

米ハードボイルド界を代表するロス・マクの「さむけ」と並ぶ代表作。

話はある家から失踪した娘の跡をアーチャーが追うという典型的なハードボイルド風なのだが、「さむけ」と同様、作者はある趣向を用意している。
追跡するアーチャーが娘の痕跡を辿るうち、暗い翳を感じるのだが、これが上記の趣向にも繋がるし、本作のテーマである家族の問題にも繋がる。


まず一番に挙げたいのが人物描写の素晴らしさです。
適格で簡潔明瞭な描写によって、登場人物が活き活きしています。
特に失踪した母娘が、どれほど似ていたかが会話によって明かされて行く場面は、圧巻です。

欲に負けてしまう人間の弱さ、哀しみ。
状況を改善しようとした行動が蹉跌となる絶望、無力感。
愚かで無力で、小さく哀しく、孤独で弱い人間たちのドラマです。

一流の娯楽作品であり、それ以上の物が確かにあります。


▼楽天

ウィチャリー家の女




▼アマゾン

ウィチャリー家の女 (ハヤカワ・ミステリ文庫 8-1)






おすすめのミステリー小説、ミステリー本、SF、ファンタジー、サスペンスを紹介するサイト
posted by ホーライ at 05:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ハードボイルド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

おすすめハードボイルド『さむけ』ロス・マクドナルド (著)

本書は素晴らしい。

ロス・マクは米ハードボイルド界を代表する作家である。
本作も新婚早々の妻が失踪するところから始まり、典型的なハードボイルドの展開を見せる。
読者もそのつもりで読んで行くと、最後に本格の趣向が待っているという凝りに凝った構成の作品である。


かつて、こんなに本格に近づいたハードボイルドがあっただろうか。

いや驚きはそれだけではない。
本書の扱っているテーマには人間の弱さを見せつけられてしまった。
親と子の悲劇。次々とあらわれる登場人物たちの内面には、悲劇がすみついているのだ。
これほど大胆に展開する人間のエゴをぼくは知らない。

本書の真相は戦慄そのものである。
構成の巧みさと、意外性のあるストーリー展開がほんとうに素晴らしかった。

ラストには、心底ぞおーっとして、戦慄させられました。
ラストはまさに“さむけ”です。


ハードボイルドか本格推理か、などと言うジャンルを超えて、「ミステリ」カテゴリーの中での最高傑作が本作だと思う。
人物描写のすさまじさ、ミスディレクションの自然さ、ストーリー展開の吸引力、ラストのインパクトの凄さ。

超一級品。


▼楽天

さむけ




▼アマゾン

さむけ (ハヤカワ・ミステリ文庫 8-4)





おすすめのミステリー小説、ミステリー本、SF、ファンタジー、サスペンスを紹介するサイト
posted by ホーライ at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ハードボイルド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おすすめ名作サスペンス『幻の女』ウイリアム・アイリッシュ (著)

江戸川乱歩も絶賛!!

1964年ウイリアム・アイリッシュの代表作。

1991年度早川書房編の『ミステリー・ハンドブック』の『読者の選ぶ海外ミステリー・ベスト100』において、断トツのトップを獲得している。
さすがは名作で、文章表現が実に映像的。
書き出しの『夜は若く、彼も若かったが、夜の空気は甘いのに、・・・』などは詩的ですらある。


妻を殺された主人公の男が、妻殺しの犯人として逮捕されてしまい、死刑執行までにその男の親友が、主人公に代わって主人公のアリバイを証明できる唯一の証人(幻の女)を捜す話です。

幻の女を巡るダイナミックな追跡劇をはじめ、サスペンスの盛り上げ方が非常に上手い作品です。
今読んでもその面白さはまったく色褪せていません。
タイムリミットの設定、魅惑のキャラクター、二転三転するストーリーと、娯楽作品の王道的展開のなかにも、アイリッシュ独特の文学的リリシズムが都会に生きる男女のほろ苦い人生を浮き彫りにし、物語に奥行きをもたらしています。

男と女の哀愁が深い余韻を残す傑作サスペンスです。



▼楽天

幻の女




▼アマゾン

幻の女 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 9-1))






おすすめのミステリー小説、ミステリー本、SF、ファンタジー、サスペンスを紹介するサイト
posted by ホーライ at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | サスペンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おすすめ名作古典ミステリー『僧正殺人事件』ヴァン・ダイン (著)

コック・ロビンを殺したのはたあれ。
「わたしだわ」と、雀がいった!

マザーグースの童謡につれて、その歌詞のとおりに怪奇残虐をきわめた連続殺人劇が発生する。
無邪気な童謡と無気味な殺人という鬼気せまるとり合せ! 
名探偵ヴァンスの頭脳は冴えて、一歩ずつ犯人を追いつめる。『グリーン家殺人事件』と比肩される本格派の巨編である。


もはや超古典的作品といっても過言でないかもしれません。
けれども面白い!

知性の塊で、ともすると嫌みなヴァンスのキャラは引き立っています。
ペダンティックな彩りで貫き通された独特の雰囲気が、これまたいい味を出していますが、
このような古典的作品がもっと日の目を浴びてもいいかなと思います。



▼楽天

僧正殺人事件新版






▼アマゾン

僧正殺人事件 (創元推理文庫)





おすすめのミステリー小説、ミステリー本、SF、ファンタジー、サスペンスを紹介するサイト

posted by ホーライ at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おすすめ名作古典ミステリー『グリーン家殺人事件』ヴァン・ダイン (著)

ニューヨークのどまんなかにとり残された前世紀の古邸グリーン家で、二人の娘が射たれるという惨劇がもちあがった。
この事件をかわきりに、一家のみな殺しを企てる姿なき殺人者が跳梁する。
神のごときファイロ・ヴァンス探偵にも、さすがに焦慮の色が加わった。

一ダースにのぼる著者の作品中でも、一、二を争うといわれる超A級の名作。

たとえ「翻訳物ってカタカナの名前が覚えられない」と敬遠している人でも、この本は大丈夫。
昨今の推理小説のいささか過剰なタイトルからすると地味な印象ですが、中身はどうしてどうして、ショッキングな資産家連続殺人なのです。

惨劇の舞台となるグリーン家の人々は個性が強烈な人々で、複雑な血縁関係が展開しているわけでもないので、カタカナが苦手でいちいち登場人物一覧を読み返すのが辛い、という方でも未亡人・兄・弟・妹・養女・医者・メイド・料理女・執事と、これだけ覚えれば問題なし。
人物描写もさることながら、屋敷の重苦しく暗い雰囲気も抜群。古き良き時代の名作です。


すべての状況証拠を列挙し読者に解答を求める知的推理ものの先駆け的作品。


▼楽天

グリーン家殺人事件




▼アマゾン

グリーン家殺人事件 (創元推理文庫 103-3)





おすすめのミステリー小説、ミステリー本、SF、ファンタジー、サスペンスを紹介するサイト
posted by ホーライ at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。