2009年01月29日

おすすめホラー「魍魎の匣」京極 夏彦 (著)

「魍魎の匣」(もうりょうのハコ)。京極ワールドだ!

箱を祀る奇妙な霊能者。
箱詰めにされた少女達の四肢。
そして巨大な箱型の建物――

箱を巡る虚妄が美少女転落事件とバラバラ殺人を結ぶ。

探偵・榎木津、文士・関口、刑事・木場らがみな事件に関わり京極堂の元へ。
果たして憑物(つきもの)は落とせるのか!?

日本推理作家協会賞に輝いた超絶ミステリ、妖怪シリーズ第2弾。

本作のみでも十分に楽しめますが、前作を読んだほうが、関係者のつながりがより深くわかって、お勧めです。

ここでもやはり飛ばし読みは厳禁です。
話についていけなくなります。
しかし、きちんと読んだ人には優しいです。

猟奇性の強い作品なので、バラバラなどに抵抗のある人にはお勧めできないかもしれないですが、物語としては秀逸で大変読み応えがある内容なので、興味のある人は是非♪


▼楽天

魍魎の匣





▼アマゾン

魍魎の匣―文庫版 (講談社文庫)






おすすめのミステリー小説、ミステリー本、SF、ファンタジー、サスペンスを紹介するサイト



posted by ホーライ at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。