2010年12月19日

★★「グラスホッパー」伊坂 幸太郎 (著)★★

「復讐を横取りされた。嘘?」

元教師の鈴木は、妻を殺した男が車に轢かれる瞬間を目撃する。

どうやら「押し屋」と呼ばれる殺し屋の仕業らしい。

鈴木は正体を探るため、彼の後を追う。

一方、自殺専門の殺し屋・鯨、ナイフ使いの若者・蝉も「押し屋」を追い始める。

それぞれの思惑のもとに―「鈴木」「鯨」「蝉」、三人の思いが交錯するとき、物語は唸りをあげて動き出す。

疾走感溢れる筆致で綴られた、分類不能の「殺し屋」小説。

(アマゾン)

グラスホッパー




(楽天)

グラスホッパー

グラスホッパー

グラスホッパー

価格:620円(税込、送料別)





★おすすめのミステリー小説のサイト★
     ↓
おすすめのミステリー小説のサイト



●村上春樹のおすすめの本、お薦めの村上春樹の本、村上春樹のお奨めの本、お勧めの村上春樹の本●
  ↓
村上春樹のおすすめの本、お薦めの本、お奨めの本、お勧めの本



posted by ホーライ at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。