2010年12月19日

★おすすめのミステリー小説「小暮写眞館」宮部 みゆき (著)

●このミステリーがすごい(2010年)
     ↓
第8位「小暮写眞館」宮部 みゆき (著)


もう会えないなんて言うなよ。あなたは思い出す。

どれだけ小説を求めていたか。

ようこそ、小暮写眞館へ。

3年ぶり現代エンターテインメント。


花菱英一の両親は、結婚20周年を機に念願のマイホームを購入する。

その家は、もと 写眞館だった築33年の怖ろしく古い家だった。

「小暮写眞館」の看板をそのままに していたため、ある日心霊写真が持ち込まれる。

英一は、その謎解きに乗り出すが・・・。

4編を収録。


心霊写真・・・。

英一により、その写真に隠されたさまざまな人たちの思いが明らかになって いく。

人それぞれ、いろいろな生き方がある。

山あり谷あり。

そんな人生が写真の中に凝縮 されていて、読んでいて胸に迫るものがあった。

そのほかにも、小暮写眞館の幽霊騒動の中で 見えてきた英一の弟、ピカの苦しみにはホロリときた。

「何気ないしぐさや言葉の中に、これほどの 苦悩が秘められていたのか!」そう思うと、本当に切なかった。


生と死についても、考えさせられた。


どの登場人物も性格や心情が細やかに描かれていて、作品を幅も深みもある魅力あるものに している。

700ページありとても長い作品だが、その長さには無駄がない。

読後も、春風に吹かれているような心地よさが残った。

心がほのぼのとする作品だった。




さびれつつある商店街の、かつて「小暮写眞館」だった建物を買い、そこで 暮らすことを決めた風変りな両親。

ふたりの行動に戸惑いつつも一緒に引っ越してきた16歳の少年が主人公です。

宮部さんが描く十代は、大人がこうあってほしいな、と思うような少し古風な感じで ちょっとその「まっとうです、僕」っぷりが時々ハナにつくんだけど、今回は、そんな 彼の、イケてない感じが、後半になるとグッと生きてきた感じがする。

写真屋だった建物で暮らしているせいで、一風変わった心霊写真(写ってる霊らしき人も 死んでない!)を持ち込まれ、その写真に隠れた被写体家族の過去や謎を解く 探偵のまねごとをせざるをえなくなる彼。やがて、自分の家族の問題にも


真正面から向き合うことになる…ホームドラマとしてはなかなかのものかと。

そして、彼が意外な相手に恋をする後半部分の疾走感がすばらしい。

前半2章は退屈だと思う人も多いと思うけれど、我慢してなんとか読みきって、後半〜ラストまでたどり着くと「読んで良かった」と思えるのです。


後味が良い純愛の物語で、さすが宮部ワールド。

心が温まりました。



【アマゾン】「小暮写眞館」宮部 みゆき (著)(小暮写真館)

小暮写眞館 (100周年書き下ろし)




【楽天】「小暮写眞館」宮部 みゆき (著)(小暮写真館)

【送料無料】小暮写眞館

【送料無料】小暮写眞館

【送料無料】小暮写眞館

価格:1,995円(税込、送料別)





★おすすめのミステリー小説のサイト★
     ↓
おすすめのミステリー小説のサイト



●村上春樹のおすすめの本、お薦めの村上春樹の本、村上春樹のお奨めの本、お勧めの村上春樹の本●
  ↓
村上春樹のおすすめの本、お薦めの本、お奨めの本、お勧めの本



posted by ホーライ at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。