2010年12月19日

★おすすめのミステリー小説「綺想宮殺人事件」芦辺 拓 (著)

●このミステリーがすごい(2010年)
     ↓
第10位「綺想宮殺人事件」芦辺 拓 (著)


琵琶湖畔にそびえる壮麗な怪建築群―

“綺想宮”を訪れた名探偵・森江春策を待ち受けていたのは、美しき案内人・二十重亜綺楽と七人の奇怪な滞在客だった。

この不可思議な宮殿に森江が到着した晩、自動的に詩をつむぐ機械「大発見」が火精、水精、風精、土精の呪文を歌い上げた。

翌日から、天地創造の七日間を表わす曲が奏でられる中、滞在客は次々謎の死をとげてゆく。

暗室で発見された五芒星の上の焼死体、毒草園に描かれた九芒星と地中に埋められた死体…

それぞれの死体に過剰なまでに凝らされた「見立て」は何を意味するものか?

本格ミステリを愛し、その神髄を知り抜いた著者が「探偵小説の最期」に捧ぐ訣別の書。



最後の探偵小説、あるいは探偵小説の最期。



曲者・芦辺拓がありきたりな館モノを書くはずありません。

ミステリーを転覆させんとする企てがたっぷり込められています。

なんて言ったて、探偵小説の最期らしいですから。


その試みが上手くいったかどうかの判断は 人によって大きく左右しそうです。

事件の解決はバカミスに片足を突っ込んでいる気がしますし、 その後に語られる探偵小説論も人によって賛否が分かれそうです。


満を持して語られますが、個人的には 他の小説や漫画などでも使い古された論ですし、 なにを今更と言う気がしないでもありません。


ですが、そういったことを語らずにはいられなかった作者の 悲壮感にも似た想いがヒシヒシと伝わってきます。

たぶん、ミステリーを読みこんだ人であればあるほど 色々と考えさせられるものがある作品です。


読んでからの一言 セルフ突っ込みの連続!




地球は空洞であり、我々はその内側にへばりついているという説−−−

地球は曲面ではなく平面であることを「実証」した世界ゼテティック協会−−−

もちろんそんなプロローグは本当に文字通りただの序曲に過ぎず、 万乗氏の居館であった「綺想宮」にたどりついたのちには「イヤ」というほどの膨大な無駄な知識が押し寄せてきます。


最後に痛恨の一撃が加わり途中感じた不安は(いい意味で)裏切られることになりました。


傑作には違いありません。

明かされた真相(Why?への回答)は類を見ない壮絶なものですし、上の主張も含め今年のミステリの話題になることは違いありません。

それらを踏まえても「今年刊行されたなかで読みたい一冊」のうちのひとつです。


【アマゾン】「綺想宮殺人事件」芦辺 拓 (著)

綺想宮殺人事件





【楽天】「綺想宮殺人事件」芦辺 拓 (著)

【送料無料】綺想宮殺人事件

【送料無料】綺想宮殺人事件

【送料無料】綺想宮殺人事件

価格:2,520円(税込、送料別)





★おすすめのミステリー小説のサイト★
     ↓
おすすめのミステリー小説のサイト



●村上春樹のおすすめの本、お薦めの村上春樹の本、村上春樹のお奨めの本、お勧めの村上春樹の本●
  ↓
村上春樹のおすすめの本、お薦めの本、お奨めの本、お勧めの本



posted by ホーライ at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。