2010年12月25日

★面白い!どんでん返しがすごい衝撃の結末のミステリー小説『カリスマ』新堂冬樹 (著)

最後にやられた!と思えるオススメのミステリー小説、最後のどんでん返しがすごい傑作ミステリー小説、衝撃の結末のミステリー小説。

面白くい、おもしろい驚愕のおすすめミステリー小説『カリスマ』新堂冬樹 (著)  


妻の病を治したい、子供を一流中学に入学させたい…。

人の弱みにつけこむ勧誘方法で、「神の郷」は設立から十年、二千人の教徒を有する宗教法人に成長した。

教祖の神郷宝仙は、金銭欲や性欲などあらゆる欲望の滅失を説く一方、自身は三百五十億の金を教徒から毟り取り、六百人の女性教徒と関係を持つ。

金や情欲に溺れる神郷の過去に何があったのか―。



著者はこれまで、街金融の若い経営者の周囲で起きる猟奇殺人から展開する『血塗られた神話』、闇の金融業を営む主人公の裏社会での抗争をリアルに描いた『無間地獄』と、自らがなりわいとする金融業界に密着した作品を描き続けてきた。

金融の詳細と劇画のようなスピード感あふれる展開を持ち味としてきた著者が新興宗教を題材にした本作では、金融業界の詳細こそなくなったものの、そのスピード感や力強さが失われることはなかった。


宗教にのめり込んだ母のおかげで、家庭でも学校でも孤立していく少年。

優しく美しかった母は鬼のような姿となり、宗教への傾倒は日増しにエスカレートする…。

そんな少年とその両親の行き着く果てを描いた、衝撃的な序章。

「なに?なに?この異常な場面は?」と思いつつも、暴力的にストーリーにのみ込まれていってしまう。

上巻では、宗教団体「神の郷」の実態とそこに引き込まれていく人々の様子が克明につづられていく。

教祖とその側近、サラリーマンとその妻。


小さな事件の積み重ねと、個々のキャラクターを丁寧に描き、下巻でのストーリーを展開させるためのコマをそろえたといったところ。

誇張して描かれる、ある種ステレオタイプの人物像はマンガ的でもある。

だが、それは読み手の想像力をいとも簡単にかきたて、登場人物の姿を明確に想像させる術だとも言えよう。

全ページめくり終えるまで、一息つく間もない。

だが、全ページ制覇したそのとたん、下巻に手が伸びてしまうことは避けられない。



この最初の序章に描かれる女の金切り声を上げる描写に、心底震えると同時にこみ上げてくる笑い。

圧倒的カタルシス。

恐ろしく残酷な描写に絶望と笑いの境界線を神業的技量で描ききる筆者の文体には衝撃を受けた。

自己欺瞞に命をかける登場人物達がすさまじい醜態をこれでもかというほど執拗にさらけ出す。

彼らの行動、言動、思考は、あまりにも惨めであり哀れだ。

しかし恐ろしいことに彼らは完全に僕自身だった。

あまりの醜い描写に何度も目を背けたくなった。

卑怯な自分が世間にさらされる恐怖におののいた。

それでもページは止められない。

彼の文体のポップネスが、僕の体を洗脳する。

多くの人はそのポップネスを下品なだけだと言う一言で片づけてしまうかもしれない。

だがプッチンプリンや松浦あやバリのアイドルのシングルを立て続けに録音したMDをむさぼり聞くカリスマを描くポップネスこそがこの作品を大傑作に仕立て上げている。

もちろんストーリー構成も結末におけるカタルシスと絶望も完璧に用意されています。

無敵!!!!!!


【アマゾン】『カリスマ』新堂冬樹 (著)

カリスマ〈上〉 (幻冬舎文庫)





【楽天】『カリスマ』新堂冬樹 (著)

【送料無料】カリスマ(上)

【送料無料】カリスマ(上)

【送料無料】カリスマ(上)

価格:760円(税込、送料別)





★面白い、おもしろい、おすすめの傑作ミステリー小説100冊以上のサイト★
     ↓
面白いおすすめの傑作ミステリー小説100冊以上のサイト


●村上春樹のおすすめの本●
  ↓
村上春樹のおすすめの本



posted by ホーライ at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | どんでん返しのミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。