2010年12月25日

★宮部みゆきのおすすめミステリー小説:おすすめ面白いミステリー小説『魔術はささやく』宮部 みゆき著

おすすめ宮部みゆきのミステリー小説。宮部みゆきのおすすめミステリー小説。

日本推理サスペンス大賞受賞作品。

宮部みゆきの初期作品の中では最高傑作。


それぞれは社会面のありふれた記事だった。

一人めはマンションの屋上から飛び降りた。

二人めは地下鉄に飛び込んだ。

そして三人めはタクシーの前に。

何人たりとも相互の関連など想像し得べくもなく仕組まれた三つの死。

さらに魔の手は四人めに伸びていた…。

だが、逮捕されたタクシー運転手の甥、守は知らず知らず事件の真相に迫っていたのだった。



宮部さんならではの盛りだくさんの構成と登場人物で読者を満足させてくれます。
 
法の網を潜り抜けて、犯罪などとは全く関係ないと言うような顔で過ごしている人たちにも、罪悪感という下意識に刻み込まれているものまでは、消し去ることがでずきないというのも業だと思いました。

そんな罰されない犯罪者をその下意識に働きかけることによって自殺という形で罰してしまうのだから、これはまさに魔術でしょう。
 
自殺の謎が明らかになるにしたがって、も一つの真相が分かってきます。

お楽しみに・・・。


宮部みゆきの初期の作品であり傑作ミステリー。

都合の良い設定や未熟な部分もありますが、 何と言っても宮部さんの長所である登場人物の描写が秀逸です。

登場人物が物語の中で生きています。

最初は、ミッシングリンク物か、なかなか魅力的だけど、 ちょっとありきたりかな、と思って読み進めました。

ところが、事件そのものは作品の中盤でほぼ解決してしまうんですね。

そして、それからがこの作品の本題となります。

単なる謎解きのミステリーでは無く、人間を書こうという作者の思いが伝わってきます。

長編でありながら比較的コンパクトにまとまっていて、とりあえず宮部作品の何たるかを知るには、格好の1冊と思われます。


最後も(いい意味で)驚愕でした。

著者に脱帽です。

頭が上がりません。


【アマゾン】『魔術はささやく』宮部 みゆき著

魔術はささやく (新潮文庫)




【楽天】『魔術はささやく』宮部 みゆき著

【送料無料】魔術はささやく

【送料無料】魔術はささやく

【送料無料】魔術はささやく

価格:660円(税込、送料別)






アマゾンの宮部みゆき一覧
   ↓
宮部みゆきの作品一覧(アマゾン)



楽天の宮部みゆき一覧
   ↓
宮部みゆきの作品一覧(楽天)



★面白い、おもしろい、おすすめの傑作ミステリー小説100冊以上のサイト★
     ↓
面白いおすすめの傑作ミステリー小説100冊以上のサイト


●村上春樹のおすすめの本●
  ↓
村上春樹のおすすめの本




posted by ホーライ at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。