2010年12月26日

★東野圭吾のおすすめミステリー、おすすめ東野圭吾のミステリー小説『秘密』東野圭吾(著)

東野圭吾おすすめミステリー小説、おすすめの東野圭吾のミステリー小説。東野圭吾の面白い作品。

面白いミステリー、おもしろい傑作おすすめミステリー小説は『秘密』東野圭吾(著)だ。


99年『秘密』で第52回日本推理作家協会賞受賞作品。

テレビ朝日系でドラマ化もされている(2010年)。

1999年には東宝系で映画化もされた。


妻・直子と小学5年生の娘・藻奈美を乗せたバスが崖から転落。

妻の葬儀の夜、意識を取り戻した娘の体に宿っていたのは、死んだはずの妻だった。

その日から杉田家の切なく奇妙な“秘密”の生活が始まった。

映画「秘密」の原作であり、98年度のベストミステリーとして話題をさらった長篇、ついに文庫化。


涙の無い感動。読了後 呆然。

悲壮感、喪失感、虚無感、孤独感、絶望感・・・・・・。

なんとも形容し難いブルーな感覚に陥りました。



「うわぁ、マジかんべんしてよもう。こんなのって・・・・・・」という気持ちです。

男って、心が弱いからせめて体だけは強くできているのかも。

男にはちょっとつらい。

女性にとってはどうなんでしょう?



自分が主人公の立場だったら耐えられそうにも、そして立ち直れそうにもないです。

実際読み終わってブルーな気分からしばらく立ち直れませんでした。

終わってからもう1度クライマックス付近を読み返すことでしょう。

そもそも誰が悪いのかと問われたら、誰も悪くない様な、誰もが少しずつ悪い様な。

最善の選択なのか、仕方無しなのか、ずるさなのか。


そして、ではどうすれば良かったのか、と考えずにはいられません。

ラストで解るタイトル「秘密」の理由。

必読です。



とりあえずガンっとパンチがある作品です。

切ないので気持ち健康なときに読まれた方がいいかも・・・



読み終えてショックでした。

自分に置き換えて考えると、自分だったら我慢できないかも。

「本当にそういうことか??」と何度かラストを読み返しました。

やはり、そういうことのようだ。


【アマゾン】『秘密』東野圭吾(著)

秘密 (文春文庫)





【楽天】『秘密』東野圭吾(著)

秘密

秘密

秘密

価格:700円(税込、送料別)




■アマゾンの「東野圭吾」の作品一覧
     ↓
東野圭吾の作品集一覧


■楽天の「東野圭吾」の作品一覧
     ↓
東野圭吾の作品集一覧


★面白い、おもしろい、おすすめの傑作ミステリー小説100冊以上のサイト★
     ↓
面白いおすすめの傑作ミステリー小説100冊以上のサイト


●村上春樹のおすすめの本●
  ↓
村上春樹のおすすめの本



posted by ホーライ at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 東野圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。