2010年12月28日

★おすすめの名作ミステリー小説:古典的名作ミステリー小説『幻の女』ウイリアム・アイリッシュ(著)

歴史的名作ミステリー小説、おすすめ傑作ミステリー小説、お薦めミステリー小説、お勧めミステリー小説、お奨めミステリー小説、本格ミステリー小説の紹介です。

今回は定番中の定番、本格ミステリーの王道『幻の女』ウイリアム・アイリッシュ(著)です。

本作品の出だしは超有名だ。

「夜は若く、彼も若かった。が、夜の空気は甘いのに、彼の気分は苦かった。」


長いお話なのに途中でだれることもなく飽きませんでした。
 
文句のつけようがありません。
 
古い推理小説を読む楽しみを教えてもらいました。

洗練された文章で、謎を解く鍵は全て読者の手の中にあり、なおかつ最後でどんでん返し。


タイトルはずいぶん昔から知っていた。

評価も高かった。

その作品をようやく読むことができた。噂どおりの面白さ、だ。
 
作品が書かれたのは、1942年。そんな古さはみじんも感じさせない。

 

妻殺しの罪で死刑判決を受けたヘンダースンは、犯行時刻、「幻の女」と一緒にいた。

二人でバーに並び、タクシーに乗り、食事をした。

劇場の最前列でショーも見た。

その女の証言さえ得られれば、ヘンダースンの無罪は明らかだ。

 
しかし、ヘンダースンはその女の名前も容貌も思い出すことができなかった。

そんなことには関心がなかったからだ。

ただ、二人を目撃したという証人が全くいないのが不思議だった。

そんな二人連れは見なかったと言うならまだ理解できる。

ところが、関係者はなぜか皆、口をそろえて、ヘンダースンは一人でいた、と証言する。

 
ヘンダースンの言葉を始めて信用したのは、彼を死刑に追い込んだ刑事バージェスだった。

バージェスのアドバイスで親友ロンバートの助けを求めるヘンダースン。

その時点で、死刑執行までに残された時間は21日間しかなかった。

 
探偵役は一つ一つ小さな成功を積み重ねて真相に辿り着くものだと思っていた。

しかし、この作品は違った。

一つのヒントが成果につながろうとする瞬間、キーパーソンが事故死してしまうのだ。

そのたびに、手がかりが一つ一つ空しく消えてゆく。

果たして本当に事故死なのか? 

死刑執行までに真相は明らかになるのか? 


そんなことを考えながら読み進むと、終盤一気の展開で真相が明らかになる。


死刑執行が刻々と近づく緊迫感とともにニューヨークの雰囲気が作品全体に溢れている。

上質のミステリは上質の風俗小説であるのかもしれない。

現在の読み手にとってこの結末は意外なものではないのかもしれないが、それを差し引いたとしてもこの作品が一級のミステリであることに間違いはない。


【アマゾン】『幻の女』ウイリアム・アイリッシュ(著)
  ↓
幻の女 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 9-1))





【楽天】『幻の女』ウイリアム・アイリッシュ(著)
  ↓
幻の女

幻の女

幻の女

価格:840円(税込、送料別)





★面白い、おもしろい、おすすめの傑作ミステリー小説、現代ものから古典的名作ミステリー小説まで100冊以上のサイト★
     ↓
面白いおすすめの傑作ミステリー小説100冊以上のサイト


●村上春樹のおすすめの本●
  ↓
村上春樹のおすすめの本



posted by ホーライ at 05:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 古典的名作ミステリー小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。