2010年12月29日

★2009年「このミステリーがすごい」第4位:『告白』湊 かなえ(著)

湊 かなえおすすめミステリー小説、お奨めの湊 かなえのミステリー小説。湊 かなえの名作ミステリーの面白い作品。

おすすめミステリー作家のオススメ面白いミステリー、おもしろい傑作お勧めミステリー小説は『告白』湊 かなえ(著))だ。



2008年度の週刊文春ミステリーベスト10で第1位に、このミステリーがすごい!で第4位にランクイン、2009年に本屋大賞を受賞した。

第一章「聖職者」が小説推理新人賞を受賞した、作者のデビュー作。

2010年6月5日には映画が公開された。その公開前に映画の脚本を元に漫画化されたコミック版が発売されている。



我が子を校内で亡くした女性教師が、終業式のHRで犯人である少年を指し示す。

ひとつの事件をモノローグ形式で「級友」「犯人」「犯人の家族」から、それぞれ語らせ真相に迫る。

選考委員全員を唸らせた新人離れした圧倒的な筆力と、伏線が鏤められた緻密な構成力は、デビュー作とは思えぬ完成度である。




もしくは、誰にでも潜む闇と言ったら、陳腐に聞こえるかなと思いつつ、まず浮かんだ言葉です。

そして、悪は生まれ、育つモノなのだと、この小説を読んで思いました。

悪が生まれるキッカケがあり、その悪を育てる環境がある。そのどちらもがなければ、悪は完成しない。

しかし、その悪を生むキッカケや、悪が育つ環境に悪意がある訳でもない。

また悪を闇に代えても成り立つ構図でもある。

今、正義というモノに関心が向いていますが、正義とは何か?を考える時、この小説を読んでみると、考えさせられます。

報復は正義か?

その報復が正義であると誰が定義するのか?


自己満足について。

いろんなことを思う本です。

そして、その色んなことをサクッと読める小説になっているのが、この本です。


あなたの闇もここにある。


【アマゾン】『告白』湊 かなえ(著)
  ↓
告白





【楽天】『告白』湊 かなえ(著)
  ↓
【送料無料】告白

【送料無料】告白

【送料無料】告白

価格:650円(税込、送料別)





★面白い、おもしろい、おすすめの傑作ミステリー小説、最新の現代ものから古典的名作ミステリー小説、名作推理小説まで100冊以上のサイト★
     ↓
面白いおすすめの傑作ミステリー小説100冊以上のサイト


●村上春樹のおすすめの本●
  ↓
村上春樹のおすすめの本




posted by ホーライ at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年ベストミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。