2010年12月29日

★2009年「このミステリーがすごい」第6位:『カラスの親指』道尾秀介(著)

道尾秀介おすすめミステリー小説、お奨めの道尾秀介のミステリー小説。道尾秀介の名作ミステリーの面白い作品。

おすすめミステリー作家のオススメ面白いミステリー、おもしろい傑作お勧めミステリー小説は『カラスの親指』道尾秀介(著)だ。


2009年「このミステリーがすごい」第6位。

日本推理作家協会賞(第62回)を受賞した作品



“詐欺”を生業としている、したたかな中年二人組。

ある日突然、彼らの生活に一人の少女が舞い込んだ。

戸惑う二人。

やがて同居人はさらに増え、「他人同士」の奇妙な共同生活が始まった。

失くしてしまったものを取り戻すため、そして自らの過去と訣別するため、彼らが企てた大計画とは。



本書の筋書きのような作風をある作家の文庫で以前に読んだ記憶があります(意外と多いのかもしれませんね)。

だからというわけではありませんが、物語の展開自体に強い関心をもったとはいえません。

しかし「帯」にある「最高の逆転劇をお見せします。」という文言にはおのずと<注意>が向けられるのではないでしょうか。

そうすると、終盤の終盤にかけて「間違いなく何かが起きるぞ!」と読者は予測し、読了して「そうか、そういう結末か・・・」と深い安堵感に浸るのであります。


物語を構成していた「散りばめられたパーツ」が一気に再構築される、その速度感と緊張感には思わず唸ってしまいました。

意外と多いような作風にもかかわらず、です。

そこに作者の並々ならぬ力量を十分に実感できることでしょう。


ワクワクしながら読める作品ですし、読者の期待を満たしてくれる内容でしょう。

「カラスの親指」というタイトルの意味など、本書にはいろんな知識はもちろんのこと、家族や人間模様の混沌さ・奥深さを、道尾さん独特の文章でわれわれに語りかけてくれます。

ラストは切ないながらもすっきりさせてくれます。



すなおに読者は、劇中人物のコンゲームに一喜一憂し、いつの間にか、読者自身がゲームに参加させられている醍醐味を味わう作品です。

魅力的な人物描写、何気ない会話や表現が伏線になる痛快感、散らばったピースが見事に収束する終盤、 連鎖するどんでん返し、ホロっとさせる真相まで。

とにかく「完成」されたエンターテイメントです。


【アマゾン】『カラスの親指』道尾秀介(著)
  ↓
カラスの親指 by rule of CROW’s thumb




【楽天】『カラスの親指』道尾秀介(著)
  ↓
【送料無料】カラスの親指

【送料無料】カラスの親指

【送料無料】カラスの親指

価格:1,785円(税込、送料別)





★面白い、おもしろい、おすすめの傑作ミステリー小説、最新の現代ものから古典的名作ミステリー小説、名作推理小説まで200冊以上のサイト★
     ↓
面白いおすすめの傑作ミステリー小説200冊以上のサイト


●村上春樹のおすすめの本●
  ↓
村上春樹のおすすめの本




posted by ホーライ at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年ベストミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。