2010年12月31日

★2010年「このミステリーがすごい」第5位:『犬なら普通のこと』矢作俊彦(著)

このミステリーがおもしろい。このミステリーが面白い。

矢作俊彦おすすめミステリー小説、お奨めの矢作俊彦のミステリー小説。矢作俊彦の名作ミステリーの面白い作品。

おすすめミステリー作家のオススメ面白いミステリー、おもしろい傑作お勧めミステリー小説は『犬なら普通のこと』矢作 俊彦 (著), 司城志朗 (著)
だ。


2010年「このミステリーがすごい」第5位。



矢作・司城ゴールデンコンビ、25年ぶりの新作にして最高傑作。

人を殺すのは疲れる。

犬のような人生を変えるためでも。

行き詰まったヤクザ者たちが2億円を賭けて沖縄を這い回る。

暑熱の沖縄。

ドブを這い回る犬のような人生。もう沢山だ――

ヤクザのヨシミは、組で現金約2億円の大取引があると知り、強奪計画を練る。

金を奪ってこの島を出るのだ。

だが襲撃の夜、ヨシミの放った弾は思いがけない人物の胸を貫く。

それは、そこにいるはずのない組長だった。

犯人探しに組は騒然とし、警察や米軍までが入り乱れる。

次々と起こる不測の事態をヨシミは乗り切れるのか。

血と暴力の犯罪寓話。



沖縄を舞台に、うだつのあがらないヤクザが一攫千金を狙って勝負に出るが、計画は頓挫し、更なる混沌を招いていく、と言う話。

アメリカ軍(ヤンキーマフィア)や公安警察も入り乱れ、ドラマは目まぐるしくラストに向かっていく。

途中ダレる部分もあったと思うが、最後の壮絶な戦いがそれを打ち消す。

沖縄を舞台にしたノワール小説で、銃の仕掛け等の描写も興味深かったし、アクション小説が好きならお勧めの作品。



本作は、馳星周あたりが描きそうなヤクザ、麻薬取引、騙し合いと言ったドロドロした話が、同氏特有というべきか、舞台を沖縄に設定したおかげか、結構楽しく<カラカラ>と描かれており、一夜にして、これだけの人数が撃ち殺されたにしては、読後感は悪くないです。

途中,クスクス笑える所あり、銃撃戦は迫力あり、やけくその中年、若者のはじけぶり(この主人公二人の関係が「傷だらけの天使」の修と亨のもじりみたいな...) あり。

最後のオチも用意されており、(後に特に残ることもないが、)それでも十分なエンターテイメント小説として楽しめた次第です。



【アマゾン】『犬なら普通のこと』矢作俊彦(著)
  ↓
犬なら普通のこと (ハヤカワ・ミステリワールド)




【楽天】『犬なら普通のこと』矢作俊彦(著)
  ↓
【送料無料】犬なら普通のこと

【送料無料】犬なら普通のこと

【送料無料】犬なら普通のこと

価格:1,575円(税込、送料別)





★面白い、おもしろい、おすすめの傑作ミステリー小説、最新の現代ものから古典的名作ミステリー小説、名作推理小説まで200冊以上のサイト★
     ↓
このミステリーがおもしろい。面白いおすすめの傑作ミステリー小説200冊以上のサイト


●村上春樹のおすすめの本●
  ↓
村上春樹のおすすめの本



ラベル:矢作俊彦
posted by ホーライ at 07:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年ベストミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。