2011年12月04日

おすすめのミステリー★2011年度ミステリーベスト10(週間文春)●第3位「開かせていただき光栄です」皆川 博子 (著)

開かれたのは、躰、本、謎。

作家生活40年のキャリアを誇る著者の集大成にして新境地! 1


8世紀ロンドン。

増える屍体、暗号、密室、監禁、稀覯本、盲目の判事……解剖医ダニエルとその弟子たちが辿りついた真実とは?

18世紀ロンドン。

外科医ダニエルの解剖教室から、あるはずのない屍体が発見された。

四肢を切断された少年と顔を潰された男性。

増える屍体に戸惑うダニエルと弟子たちに、治安判事は捜査協力を要請する。

だが背後には、詩人志望の少年の辿った稀覯本をめぐる恐るべき運命が……

解剖学が先端科学であると同時に偏見にも晒された時代。そんな時代の落とし子たちがときに可笑しくときに哀しい不可能犯罪に挑む。


18世紀のロンドンを舞台にしたミステリ。

これは、非常に面白い。

特に、18世紀の雰囲気が満載だ。

登場人物たちの言い回しがさすがに18世紀らしくないところは、まあご愛敬かな。


ミステリとしてのレベルは高い。
ストーリーも良い。


本作は、できれば一気に読み終えたいミステリだ。

そして、解剖学黎明期の、医療と化学捜査におけるジレンマなど、本書の読みどころは多い。

登場する若者たちは生き生きとしているし、未来に対する希望や展望を持っている。

題材はけっこうグロいもいのがあるのだが、それを上質に仕上げるという、まさに皆川ワールドである。

表紙がエグいが、中身はそんなことはない。

京極作品なんかより、ずっとすっきりしている。


ユーモアと幻想の巧みなマッチング。

フルカラーの鳥獣戯画だ。


歴史ミステリーとして、本格ミステリーとし、青春ミステリーとして、あらゆる角度から読んで死角なし。

皆川さんと同じ時代に生きていることに感謝。


料理で言えばフルコース。

ベテラン作家による贅沢な物語。

ゆっくり時間をかけて読むのが吉。



●「開かせていただき光栄です」皆川 博子 (著)(アマゾン)
      ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4152092270/horaihonoyomu-22/ref=nosim/


●「開かせていただき光栄です」皆川 博子 (著)(楽天)
      ↓
http://tinyurl.com/7r6sazg





posted by ホーライ at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011年ベストミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。