2013年06月17日

●お勧めのミステリー『生存者ゼロ』安生 正 (著)

2年前に『ジェノサイド』という、とんでもなく面白い本を紹介しました。
    ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4048741837/horaihonoyomu-22/ref=nosim/

この『ジェノサイド』を彷彿させる本の紹介です。


『生存者ゼロ』は2012年度(第11回 )このミステリーがすごい!大賞の受賞作。

実は、この本を僕は先週の金曜日の夜に購入し、それから土曜日の夕方まで、「イッキ読み」!

読みだしたら、止まりません。

内容は・・・・・・

北海道根室半島沖の北太平洋に浮かぶ石油掘削基地で、職員全員が無残な死体となって発見された。

原因はテロ攻撃か、謎の病原菌か……。

救助に向かった陸上自衛官三等陸佐の廻田と、感染症学者の富樫博士らは、政府から被害拡大を阻止するよう命じられた。

北海道本島でも同様の事件が起こり、彼らはある法則を見出すが…。

未知の恐怖が日本に襲いかかる!

未曾有の危機に立ち向かう!

壮大なスケールで「未知の恐怖」との闘いを描くパニック・スリラー。

・・・・・・・という感じです。

読み進めて3分の2あたりで(前半は静かな恐怖)、とんでもない展開が待っています(後半は怒涛の恐怖)。

なるほど!と思ってしまいます。

う〜〜ん、こういうことって、あり得るかもね、と思わせる恐怖、です。

人類は『生存者ゼロ』。


●『生存者ゼロ』安生 正 (著)(アマゾン)
    ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/480020500X/horaihonoyomu-22/ref=nosim/


●『生存者ゼロ』安生 正 (著)(楽天)
    ↓
http://tinyurl.com/ma8x4kw


posted by ホーライ at 07:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 傑作ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。