2010年12月19日

★おすすめのミステリー小説「水魑(みづち)の如き沈むもの」三津田 信三 (著)

●このミステリーがすごい(2010年)
     ↓
第7位「水魑(みづち)の如き沈むもの」三津田 信三 (著)



刀城言耶シリーズ書き下ろし長編!

近畿地方のとある農村。

村の人々が畏怖し称えてきたのは、源泉である湖の神・水魑様だった。

刀城言耶は祖父江偲とともに水魑様の特殊な儀式を観に行ったのだが、その最中、事件は起こる。

神男と呼ばれる儀式の主役が湖の船上で死体となって見つかったのだ。

犯人は見つからない。衆人環視ともいえる湖上の船、不可解な状況での事件だった。

惨劇はそれだけにとどまらない。

儀式を司る村の宮司たちが、次々に不可解な状況で殺されていく。

二転三転のすえに示された真犯人とは……。



雨乞いの儀式の最中、衆人環視の密室状況の湖で、儀式を執り行っていた〈神男〉が何者かに殺害される。

その後も、儀式を主宰する神社の宮司たちが次々と殺され……。



衆人環視の密室状況下での殺人という不可能犯罪の真相はシンプルかつ明快。

なぜ、 わざわざ儀式の際に殺すのかという問いにも、必然性のある答えが用意されています。

また、事件後にある人物が思わず漏らした「まさか××まで、水魑様の生贄に……」 という台詞にトリプル・ミーニングを仕掛けることで、真相の伏線を張ると同時に、儀式 の異形性を浮き彫りにしているのも秀逸です。


言耶は、事件全体を推理する際、犯人の条件を七つ上げ、それをもとに消去法で犯人を 特定しようとしますが、後から事実誤認が判明したり、データの追加があったりするので、 いつも通り、事件の構図は二転三転とめまぐるしく変っていきます。

その上、編集者の祖父江偲が視点人物となった章で彼女が遭遇する怪異には、結末に至っても合理的解決がなされず、謎が投げ出されたままの状態で物語の幕が閉じます。


本作の登場人物のなかには『厭魅の如き憑くもの』に登場した一族の血縁者と思しき人物 がいるので、もしかすると“神と神との相剋”というホラーの文脈で、本作のカタストロフィは 読み解けるのかもしれません。



民俗ホラーとミステリの面白さを兼ね備えた 「刀城言耶」シリーズの第5作にして、 2009年12月発表の最新作です。

舞台は、終戦から10年位後の、 奈良県波美(はみ)地方。

ここを流れる深通(みつ)川に沿って、 水使(みずし)・水内(みずうち)・ 水庭(すいば)・水分(みくまり)の四神社が点在し、 持ち回りで雨乞いの儀が行われています。
(この儀式で祀り上げられるのが、 題名にもなっている、「水魑(みずち)」様です)


刀城言耶は、その儀式に立ち会う機会を得ますが、 儀式の中心人物、「神男」を務める男性が、 湖に浮かべた屋形船の中で、 刺殺死体となって発見されます。

状況は誰も近づくことのできない、密室状態…。

そしてこの儀式では、 13年前にも同じような不可解な死亡事件が起きていたのでした。


このシリーズ、怪異現象の描写が盛り込まれ、 ホラーの雰囲気を味わいながら、 ミステリも楽しめるという優れもの。

ホラー部分は、不可解な状況のまま終わりますが、 ミステリ部分は、きっちりと合理的解決でまとめてくれます。


本作品でも、密室トリックはきちんと存在し、 雨乞いの儀という特殊状況下を 巧く活かしたトリックを楽しむことができます。

また、後半の刀城言耶の推理は、 真相に辿り着くまでに二転三転し、 一体どんな真相が待ち受けているのか、 ハラハラしながら読み進めることができます。

さらに、作者の文章力が充実してきたのか、 一作ごとにこなれてきて、 小難しい民俗学的用語を多用しながらも、 読みやすくなってきているところが このシリーズのファンとしては嬉しいところです。



日本の古い歴史的なものに興味があり、 ミステリもお好きな方には、 是非とも読んでいただきたいシリーズです。

一作一作は独立しているので、 どの作品から読んでみても良いかと思います。


【アマゾン】「水魑(みづち)の如き沈むもの」三津田 信三 (著)

水魑の如き沈むもの (ミステリー・リーグ)





【楽天】「水魑(みづち)の如き沈むもの」三津田 信三 (著)

【送料無料】水魑の如き沈むもの

【送料無料】水魑の如き沈むもの

【送料無料】水魑の如き沈むもの

価格:1,995円(税込、送料別)





★おすすめのミステリー小説のサイト★
     ↓
おすすめのミステリー小説のサイト



●村上春樹のおすすめの本、お薦めの村上春樹の本、村上春樹のお奨めの本、お勧めの村上春樹の本●
  ↓
村上春樹のおすすめの本、お薦めの本、お奨めの本、お勧めの本

posted by ホーライ at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月29日

おすすめホラー「魍魎の匣」京極 夏彦 (著)

「魍魎の匣」(もうりょうのハコ)。京極ワールドだ!

箱を祀る奇妙な霊能者。
箱詰めにされた少女達の四肢。
そして巨大な箱型の建物――

箱を巡る虚妄が美少女転落事件とバラバラ殺人を結ぶ。

探偵・榎木津、文士・関口、刑事・木場らがみな事件に関わり京極堂の元へ。
果たして憑物(つきもの)は落とせるのか!?

日本推理作家協会賞に輝いた超絶ミステリ、妖怪シリーズ第2弾。

本作のみでも十分に楽しめますが、前作を読んだほうが、関係者のつながりがより深くわかって、お勧めです。

ここでもやはり飛ばし読みは厳禁です。
話についていけなくなります。
しかし、きちんと読んだ人には優しいです。

猟奇性の強い作品なので、バラバラなどに抵抗のある人にはお勧めできないかもしれないですが、物語としては秀逸で大変読み応えがある内容なので、興味のある人は是非♪


▼楽天

魍魎の匣





▼アマゾン

魍魎の匣―文庫版 (講談社文庫)






おすすめのミステリー小説、ミステリー本、SF、ファンタジー、サスペンスを紹介するサイト

posted by ホーライ at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おすすめホラー「生首に聞いてみろ」法月 綸太郎 (著)

人間ドラマとしても退屈することがなく一気に読了してしまいました。

ゾクゾクッと背筋が寒くなるシーンも用意されておりますし、 本格ミステリ好きにはたまらない作品だと思います。

物語は地味だ。
事件は淡々とすすみ唐突に終息を迎える。
息づまるサスペンスも残酷な描写もない。
けれど、探偵がパズルを組み立てたとき、僕たちは想像もしなかった絵を見せられる。
それまで思い描いていた世界が名探偵の導きで一変するのだ。


導き出されるのは事件の構造だけではない。
おぞましい犯人の悪意と、それにおどらされた被害者たちの悲劇。

僕たちはトリックだけではなく、物語のホントウの意味を知るのだ。


▼楽天

生首に聞いてみろ




▼アマゾン

生首に聞いてみろ (角川文庫 の 6-2)





おすすめのミステリー小説、ミステリー本、SF、ファンタジー、サスペンスを紹介するサイト
posted by ホーライ at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おすすめホラー小説「背の眼」道尾 秀介 (著)

児童失踪事件が続く白峠村で、作家の道尾が聞いた霊の声。
彼は恐怖に駆られ、霊現象探求所を営む真備のもとを訪れる。
そこで目にしたのは、被写体の背中に人間の眼が写り込む、同村周辺で撮影された4枚の心霊写真だった。
しかも、彼ら全員が撮影後数日以内に自殺したという。
これは単なる偶然か?

第5回ホラーサスペンス大賞特別賞受賞作。


ホラー作家道尾は、観光で訪れた福島県の田舎、白峠村で不気味な声を聞き、恐怖のあまり東京へ逃げ帰る。
この周辺で4人の児童連続失踪事件が発生しており、最初の子供が殺害されて、頭部だけが発見されていたのだ。
あの声はそのことに関係している・・・。

一方、道尾が相談に訪れた、大学時代の友人『霊現象探求所』の真備(まきび)の元には、白峠村周辺で写真を撮った、職業・年齢・時期もまったく別々で、まったく関連性のない4人の別々の被写体の背中にふたつの目が写っている写真と、被写体の人物たちが皆自殺しているといったファイルがあった。


ホラー色が強いが、実際は、探偵役もワトスン役もしっかりと配されており、伏線も巧みで、最後に、ある一定のレベルのロジックによって謎が解明されるスタイルをとっており、科学的には解明できない超常現象を程よく組み込ませた本格ミステリーといったほうがいいかもしれない。


▼楽天

背の眼(上)





▼アマゾン

背の眼〈上〉 (幻冬舎文庫)





おすすめのミステリー小説、ミステリー本、SF、ファンタジー、サスペンスを紹介するサイト


posted by ホーライ at 06:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

おすすめホラーミステリー「首無の如き祟るもの」三津田 信三 (著)

奥多摩に代々続く秘守家の「婚舎の集い」。
二十三歳になった当主の長男・長寿郎が、三人の花嫁候補のなかからひとりを選ぶ儀式である。
その儀式の最中、候補のひとりが首無し死体で発見された。
犯人は現場から消えた長寿郎なのか?
しかし逃げた形跡はどこにも見つからない。

一族の跡目争いもからんで混乱が続くなか、そこへ第二、第三の犠牲者が、いずれも首無し死体で見つかる。

古く伝わる淡首様の祟りなのか、それとも十年前に井戸に打ち棄てられて死んでいた長寿郎の双子の妹の怨念なのか―。

もう、出だしからして完璧に構築されたこの世界観にノックアウトされてしまった。
土着的な民間伝承と旧家をめぐる因習と因縁。
まさしく横溝正史のあのオドロオドロしい世界を再現したかのような舞台設定がミステリマインドを激しく揺さぶる作品で、本格物としての完成度もかなりのハイレベルだ。

本書の謎の素晴らしいところは、動機がまったくわからないところにある。

久しぶりにミステリでのカタストロフィを味わった。
ましてや二転三転するどんでん返しとくれば、これはもうお手上げというしかないではないか。

ここで驚かない人はいないだろう。

▼楽天

首無の如き祟るもの





▼アマゾン

首無の如き祟るもの (ミステリー・リーグ)






おすすめのミステリー小説、ミステリー本、SF、ファンタジー、サスペンスを紹介するサイト


posted by ホーライ at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。