2011年02月08日

宮部みゆきのおすすめミステリー小説 おすすめ宮部みゆきの面白いミステリー小説 :おすすめ傑作ミステリー小説「火車」宮部 みゆき 

宮部みゆきのおすすめミステリー小説。 おすすめ宮部みゆきの面白いミステリー小説。宮部みゆきのおすすめ作品。

面白いミステリー小説、おもしろい傑作ミステリー小説は『火車』宮部 みゆき(著)だ。



休職中の刑事、本間俊介は遠縁の男性に頼まれて彼の婚約者、関根彰子の行方を捜すことになった。

自らの意思で失踪、しかも徹底的に足取りを消して―なぜ彰子はそこまでして自分の存在を消さねばならなかったのか?

いったい彼女は何者なのか?

謎を解く鍵は、カード会社の犠牲ともいうべき自己破産者の凄惨な人生に隠されていた。

山本周五郎賞に輝いたミステリー史に残る傑作。



社会派ミステリには2つの要素がある。

一つは純粋にミステリとしての謎解きの面白さ。
そしてもう一つは社会の影を映し出す鏡の役割。

宮部みゆきはこの二つの要素を兼ね備えた秀作を 世に多く送り出してきている現代を代表する作家だが、 僕は彼女の作品の中でも「火車」が一番だと思っている。

物語は一人の女性の謎めいた失踪から始まる。

そしてそれを追う主人公は彼女の過去を探るうちに、 一つの信じられないような真実に辿り着く。

カード破産、戸籍、家族の形・・・

いくつものテーマが織り込まれながら、 謎解きに向かって進むストーリー。

必読の一言に尽きる。



カードやサラ金地獄を背景に描かれる、現代の人間の悲劇。

読み終った時、言葉に出来ない割り切れなさを感じた。

哀しいようないらだち。それは何だったのか。

本当に悪いのは、罪を犯した犯人ではなく、その人を犯罪へと追い込んだものたち。

しかし裁かれるのはいつもその人だけで、犯罪へと追い込んだものたちは、その後も、何も変わらずに続いていく。

一体、誰が彼女を責められるのか。

誰も彼女を救えなかったのに。


そして読者には、その現場に居合わせてしまったような緊迫感漂うラストシーンが待っている!!



宮部みゆきの最高傑作で超おすすめのミステリー小説です。(社会派小説でもある。)



【アマゾン】

火車 (新潮文庫)





【楽天】

火車

火車

火車

価格:900円(税込、送料別)






■アマゾンの宮部みゆき一覧
   ↓
宮部みゆきの作品一覧(アマゾン)


■楽天の宮部みゆき一覧
   ↓
宮部みゆきの作品一覧(楽天)


★このミステリーが面白い、このミステリがおもしろい、おすすめの傑作ミステリー小説、最新の現代ものから古典的名作ミステリー小説、名作推理小説まで200冊以上のサイト★
     ↓
このミステリーがおもしろい。面白いおすすめの傑作ミステリー小説200冊以上のサイト
posted by ホーライ at 22:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 宮部みゆき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月25日

★宮部みゆきのおすすめミステリー小説:おすすめ面白いミステリー小説『模倣犯』宮部 みゆき(著)

面白いミステリー、おもしろい傑作ミステリー小説は『模倣犯』宮部 みゆき(著)だ。
宮部みゆきのおすすめミステリー小説。おすすめ宮部みゆきのおすすめ傑作ミステリー小説。


2001年「模倣犯」で毎日出版文化賞、02年第6回司馬遼太郎賞、第52回芸術選奨文部科学大臣賞文学部門


墨田区・大川公園で若い女性の右腕とハンドバッグが発見された。

やがてバッグの持主は、三ヵ月前に失踪した古川鞠子と判明するが、「犯人」は「右腕は鞠子のものじゃない」という電話をテレビ局にかけたうえ、鞠子の祖父・有馬義男にも接触をはかった。

ほどなく鞠子は白骨死体となって見つかった―。

未曾有の連続誘拐殺人事件を重層的に描いた現代ミステリの金字塔、いよいよ開幕。



久し振りに再読した。

あらためて感じたのは、著者の丁寧さと読者に対する誠実さだ。

その場面にしか登場しないような人物にもストーリーを持たせ、本筋のストーリーに厚みを持たせるという手法を、「ムダに長い」と感じる人もいるはずだが、私はこれが作者の作品の魅力であるととともに、丁寧さと読者に対する誠実さだと思っている。

そして、長篇であってもリーダビリティが高いのは、ストーリーテラーとしての実力もあるが、もうひとつ忘れていけないのは作者の文章だ。

難しい単語が使われることはなく、すっと文意が理解できる。

だが、無機質な文章ではない。登場人物のセリフもふくめて体温を感じる文章だ。

彼女の作品ではどんなに残酷な世界が描かれていても、何かしら救いの部分がある。


10年以上前の作品なので、設定などの部分で古さはあったが、小説としての輝きは失われていなかった。

やはり、日本を代表する小説家の一人だと思う。


本書を読むと、こわくなる。

自分だけは、我が家だけはひととは違う。

そう思って皆生きている。殺される瞬間まで。

被害者側もなにか普通とは違うところがあったのだ、だから私達とは別世界の問題、私達は安心、と思いたいのだ。

…そう言われたように感じたから。

「火車」の本間刑事的人物は登場せず、淡々と歩みを緩めずに非情な凶行が続いていく。

本間刑事は犯人の背景を描き出しつつ本人に迫っていく軌跡を描きましたが、ここで犯人に迫る役割を得たライターは自らも物語の波に押し流され、浮き沈みしつつ終幕へ向けて動いていきます。

神の救いの手は存在せず、もがき苦しみ、それでも営々と生活を続けなければならない人々がいる。

そして、それは特別なことではない。

そんな読後感でした。


エンタテイメントを超えて、宮部さんが犯罪小説をかく意味を聞いた気がするから。

自らの役目を全うしようと仕事に取り組む宮部みゆきの気迫のようなものを感じる作品でした。



【アマゾン】『模倣犯』宮部 みゆき(著)

模倣犯1 (新潮文庫)





【楽天】『模倣犯』宮部 みゆき(著)

模倣犯(1)

模倣犯(1)

模倣犯(1)

価格:820円(税込、送料別)





■アマゾンの宮部みゆき一覧
   ↓
宮部みゆきの作品一覧(アマゾン)


■楽天の宮部みゆき一覧
   ↓
宮部みゆきの作品一覧(楽天)



★面白い、おもしろい、おすすめの傑作ミステリー小説100冊以上のサイト★
     ↓
面白いおすすめの傑作ミステリー小説100冊以上のサイト


●村上春樹のおすすめの本●
  ↓
村上春樹のおすすめの本

タグ:宮部みゆき
posted by ホーライ at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 宮部みゆき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★宮部みゆきのおすすめミステリー小説:おすすめ面白い傑作SF、ミステリー小説『蒲生邸事件』宮部 みゆき著

宮部みゆきおすすめミステリー小説。面白いおすすめ宮部みゆきの傑作ミステリー小説


予備校受験のために上京した受験生・孝史は、二月二十六日未明、ホテル火災に見舞われた。

間一髪で、時間旅行の能力を持つ男に救助されたが、そこはなんと昭和十一年。

雪降りしきる帝都・東京では、いままさに二・二六事件が起きようとしていた―。

大胆な着想で挑んだ著者会心の日本SF大賞受賞長篇。


おかしなもので、タイムトラベルなどしたこともないのに、もしそれができるとしたら、きっと歴史は変えられる、と思っていた。

いつの時代の出来事にもそれを決定づけた事件や人物というのがいる。

日本史の試験などで出てくる事柄だ。

だから、それに影響を及ぼすようなことができれば、歴史は変わるんじゃないかと。

そうすれば、たくさんの人がなくなってしまうような事件や事故を防ぐことができるんじゃないか、と思っていた。

 
しかし、ここに出て来るタイムトラベラー平田は「歴史の細部は変えられても、歴史そのものは変えられない。そんなことをしようとしても、それは所詮”まがいものの神”でしかない」と言う。

最初はそれが理解できなかった。

日本が戦争に突入しない方法、原爆が投下されない方法、または、これほど大きな犠牲をだす前に戦争をやめる方法・・・なにか手だてがあるんじゃないか、そう思いながら読み進めた。


しかし、読んでいくうちに彼の言うことがよくわかった。

私たちは後世の人間として、なにが起きるか知っているから後からあれこれ批評もできるけれど、その時代に生きている人たち全ての考えでも変えない限り、歴史を変更するというのは無理なのだ。

たとえば東條首相を暗殺したとしても、別の東條がでてくる、それだけのことなのだ。

 
歴史というのは、人間が積み上げていくものだけれど、個々の出来事に多少の変更があっても、それは歴史全体にはたいした影響のないものらしい。

読んでいて、その点は納得ができた。

戦前に戻り、自分の祖父や祖母を戦災から守ろうとすることはできるかもしれない。

だけど、戦争そのものを防ぐことはできない。

だからこそ、今この時代に生きている、ということが大事になってくる。

これからの歴史を決定づけるのは、今を生きている私たちなんだから。

 

設定がタイムトラベルした先の時代だからジャンルとしてはSFになるんだろうけれど、いやはや、そんなジャンル分けできるような小説じゃない。

いろんな要素を詰め込んだエンターテイメントです。

 
蒲生邸で働く女中・ふきと、この戦争を生き延びたら浅草で会おうと約束する。

昭和20年に蒲生低付近も大規模な空襲にあうことを知っている孝史にしてみれば、会えない確率の方が高い、切ない約束だっただろう。

まがいものの神でもいい、せめて関わりを持った人たちだけでも幸せになってほしい、という彼の気持ちが痛いほど伝わってきた。

 
推理小説の要素もありながら、最後はほろりとさせてくれる。



【アマゾン】『蒲生邸事件』宮部 みゆき著

蒲生邸事件 (文春文庫)




【楽天】『蒲生邸事件』宮部 みゆき著

蒲生邸事件

蒲生邸事件

蒲生邸事件

価格:940円(税込、送料別)





■アマゾンの宮部みゆき一覧
   ↓
宮部みゆきの作品一覧(アマゾン)


■楽天の宮部みゆき一覧
   ↓
宮部みゆきの作品一覧(楽天)



★面白い、おもしろい、おすすめの傑作ミステリー小説100冊以上のサイト★
     ↓
面白いおすすめの傑作ミステリー小説100冊以上のサイト


●村上春樹のおすすめの本●
  ↓
村上春樹のおすすめの本

タグ:宮部みゆき
posted by ホーライ at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 宮部みゆき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★宮部みゆきのおすすめミステリー小説:おすすめ面白い傑作ミステリー小説『本所深川ふしぎ草紙』宮部 みゆき著 

おもしろい宮部みゆきおすすめミステリー小説。面白いおすすめ宮部みゆきの傑作ミステリー小説。


第13回吉川英治文学新人賞受賞作品


近江屋藤兵衛が殺された。

下手人は藤兵衛と折り合いの悪かった娘のお美津だという噂が流れたが…。

幼い頃お美津に受けた恩義を忘れず、ほのかな思いを抱き続けた職人がことの真相を探る「片葉の芦」。

お嬢さんの恋愛成就の願掛けに丑三つ参りを命ぜられた奉公人の娘おりんの出会った怪異の顛末「送り提灯」など深川七不思議を題材に下町人情の世界を描く7編。

宮部ワールド時代小説篇。



決して読み疲れることなく、むしろ心地よい感覚に酔いながら、スススと読み進めることができるし、軽快なリズムの割には、心にいつまでもジン…と余韻を残して読者の心を離さない物語が、これでもかというくらいに、この作品には詰まっている。

人の思いというのは複雑で、決して綺麗なものばかりではなく、時として醜くもあるというのに、この作品で描かれるそういった思いは、風が吹くかのように、ごく自然に心の中を通り過ぎて行き、なんとも後味が良い。

もちろん宮部さんの小技も随所に散りばめられおり、十分楽しんで読むこともできる。



深川の七不思議を題材として、まったく違う物語を展開している。

最初から七不思議すべての構想があった上で書かれたのではないだろうか。

そうでなくてはこうも首尾よくそれぞれの不思議がはまることはないと思う。

はまり方もそれぞれに違う。見事なものだと思う。

会話があまりに現代の言葉に近いのに最初は少々抵抗を感じたが、それもすぐに慣れてしまう。

いい物語を紡ぐ人だなぁ、と改めて感心。


「ふしぎ草紙」という題名だが、勿論怪談ではない。

京極夏彦の言葉を借りれば「世の中に不思議な事など何もない」というように、妖しの現象は全て人の心が生み出す有様を宮部流に描いている。

例えば、鬼火と思ったものが、実は人の心に灯る温もりだったりと、作者の人間を観る優しさが縦横に出ている。


本所深川に纏わる七不思議を描きながら、人間の持つ優しさ、人情、そして人と人との温かい触れ合いを映し出した心温まる短編集。


本領発揮!の宮部みゆき傑作作品だ。



【アマゾン】『本所深川ふしぎ草紙』宮部 みゆき著

本所深川ふしぎ草紙 (新潮文庫)





【楽天】『本所深川ふしぎ草紙』宮部 みゆき著

本所深川ふしぎ草紙

本所深川ふしぎ草紙

本所深川ふしぎ草紙

価格:540円(税込、送料別)




■アマゾンの宮部みゆき一覧
   ↓
宮部みゆきの作品一覧(アマゾン)


■楽天の宮部みゆき一覧
   ↓
宮部みゆきの作品一覧(楽天)



★面白い、おもしろい、おすすめの傑作ミステリー小説100冊以上のサイト★
     ↓
面白いおすすめの傑作ミステリー小説100冊以上のサイト


●村上春樹のおすすめの本●
  ↓
村上春樹のおすすめの本

タグ:宮部みゆき
posted by ホーライ at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 宮部みゆき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★おすすめ宮部みゆき:おすすめ面白い傑作ミステリー小説『龍は眠る』宮部 みゆき著

宮部みゆきのおすすめミステリー小説。おすすめ宮部みゆきのミステリー小説。
宮部みゆきの傑作ミステリー小説。


第45回日本推理作家協会賞長編部門受賞作品。


嵐の晩だった。

雑誌記者の高坂昭吾は、車で東京に向かう道すがら、道端で自転車をパンクさせ、立ち往生していた少年を拾った。

何となく不思議なところがあるその少年、稲村慎司は言った。

「僕は超常能力者なんだ」。

その言葉を証明するかのように、二人が走行中に遭遇した死亡事故の真相を語り始めた。

それが全ての始まりだったのだ…

宮部みゆきのブロックバスター待望の文庫化。


宮部みゆきの超能力者ものだ。



賛否両論あるでしょうが、自分的にはかなり好きな小説です。

自分も高坂さんと同じように、「こいつはホントに超能力者なのか?直也とどっちを信じればいいんだ?」と、疑いながら、迷いながら読んでいきました。

その上に謎が重なり、気付くと物語がどのような終焉を迎えるのか気になって気になって、一気に読んでしまいました。

けしてハッピーエンドではないのですが、すごくいい話でした。

二人の少年(青年)に振り回されている高坂さんの迷いや戸惑い、

サイキックとしての苦悩など、とてもリアルでした。




時代劇ものも素晴らしいですが、この人の書く『少年』の描写は特筆すべきものがあると思います。

自分の能力に苦悩しながら、生きていく少年と青年2人の苦しみを『大人の』目線で見る男性の対比。

大好きな作品のひとつです。



宮部みゆきの小説には、自然に超能力者が登場してきて、うっかりすると世の中にいるんじゃないかと思うくらいだ。

ただ脳天気な人は1人もおらず、超能力者たちはみんなして、悲しみを背負っているのだけれど。

なかでも、いちばん背負っているモノが大きな人が、この龍は眠るに出てくる、稲村慎司と織田直也だろうか。

突然、人の気持ちがどんどん聞こえてきたら、うるさくてかなわないだろう。そりゃ大変だ。笑い事ではない。


そんな大変な人たちが主役なのだが、ハッピーエンドになっているので救われる。

宮部みゆきの小説は、ハッピーエンドは少なく、あったとしてもハッピーへの予感くらいなのだが、この龍は眠るは、きちんと主人公が幸せになっているところまで描かれている。

それというのも、稲村慎司と織田直也という超能力者が切なすぎるからだろうか。



【アマゾン】『龍は眠る』宮部 みゆき著

龍は眠る (新潮文庫)





【楽天】『龍は眠る』宮部 みゆき著

龍は眠る

龍は眠る

龍は眠る

価格:780円(税込、送料別)




■アマゾンの宮部みゆき一覧
   ↓
宮部みゆきの作品一覧(アマゾン)


■楽天の宮部みゆき一覧
   ↓
宮部みゆきの作品一覧(楽天)



★面白い、おもしろい、おすすめの傑作ミステリー小説100冊以上のサイト★
     ↓
面白いおすすめの傑作ミステリー小説100冊以上のサイト


●村上春樹のおすすめの本●
  ↓
村上春樹のおすすめの本


タグ:宮部みゆき
posted by ホーライ at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 宮部みゆき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。