2010年12月28日

★東野圭吾のおすすめミステリー、おすすめ東野圭吾のミステリー小説『白夜行』東野圭吾(著)

東野圭吾おすすめミステリー小説、おすすめの東野圭吾のミステリー小説。東野圭吾の面白い作品。

面白いミステリー、おもしろい傑作おすすめミステリー小説、名作ミステリー小説は『白夜行』東野圭吾(著)だ。



TBSにおいて「白夜行」をTV番組化(2006年)

また映画化も進んでおり、2011年公開予定である。



前作「秘密」で、温かくて切ない物語を紡いだ東野圭吾が、今回は読む者の心を冷え冷えと切なくさせる。 

1973年に起こった質屋殺しがプロローグ。

最後に被害者と会った女がガス中毒死して、事件は迷宮入りする。

物語の主人公は、質屋の息子と女の娘だ。

当時小学生だった二人が成長し、社会で“活躍”するようになるまでを、世相とともに描ききる。

2人の人生は順風満帆ではなく、次々忌まわしい事件が降りかかる……。

当然ミステリーだから謎が隠されているわけだが、真相は途中で暗示されてしまう。

しかし謎の存在など、どうでもよくなるほどのスケールの大きさが読後に残る。


1973年、大阪の廃墟ビルで一人の質屋が殺された。

容疑者は次々に浮かぶが、結局、事件は迷宮入りする。

被害者の息子・桐原亮司と、「容疑者」の娘・西本雪穂―暗い眼をした少年と、並外れて美しい少女は、その後、全く別々の道を歩んで行く。

二人の周囲に見え隠れする、幾つもの恐るべき犯罪。

だが、何も「証拠」はない。そして十九年…。

息詰まる精緻な構成と、叙事詩的スケール。

心を失った人間の悲劇を描く、傑作ミステリー長篇。



総ページ850程度、全13章からなる物語。

ライトノベルなら3冊分は あるボリューム。

主人公の雪穂と亮司の小学校時代から19年後までが 淡々と語られる。

なぜ淡々かというと、主人公二人の内面心理の描写が全くなく、他の登場人物の目を通じてしか二人をうかがい知ることができないからだ。

加えて、物語はある殺人事件に端を発するが、犯人や犯行方法は途中で暗示され、焦点は事件の解明ではなく今後の展開に移っていく。

だからこの物語はミステリーというよりは叙事詩だ。

読み進めていくごとに、二人の関与がほのめかされ、そして徐々に真相が明らかにされていくにつれ、背筋の凍る思いが募っていく。

ノワールの傑作と評されることにもうなずける。

だが、真に驚くべきことは、とうとう最後まで二人の内面が一切明かされないことだ。

稀代の悪女と犯罪の天才。

二人はどのように結ばれ、何を目指したのか。

いや、亮司はなぜ雪穂の影で在り続けようとしたのか?

これに対して雪穂は亮司に何を与えたのか?

雪穂は亮司を愛していたのか?

二人に潜む闇はあまりに深く、ありきたりの想像や感情ではとうてい推し量れるものではなかろう。

しかし、こうした思いに対する答えはない。

ないのである。

だから読後もふとした拍子に雪穂と亮司の物語に思いを馳せてしまう。

まさにいつまでも余韻が消えないのだ。


なるほど、これが東野ワールドか・・・。



再読三読に耐えうる推理小説というのはそうそうあるものではない。

その意味でも、やはりこの作品は傑作なのだと思う。



主人公二人の会話・心情・行動すべてが隠されたまま、最後まで疾走する10年以上に亘る大河ミステリー。



夜寝る前に本を読むことが多い。

眠くなるまで読もうっと。

分厚い本だなぁ。疲れそう。

・・・・・気が付いたら、明け方だった。



【アマゾン】『白夜行』東野圭吾(著)
  ↓
白夜行 (集英社文庫)






【楽天】『白夜行』東野圭吾(著)
  ↓
【送料無料】白夜行

【送料無料】白夜行

【送料無料】白夜行

価格:1,050円(税込、送料別)





■アマゾンの「東野圭吾」の作品一覧
     ↓
東野圭吾の作品集一覧


■楽天の「東野圭吾」の作品一覧
     ↓
東野圭吾の作品集一覧


★面白い、おもしろい、おすすめの傑作ミステリー小説、現代ものから古典的名作ミステリー小説まで100冊以上のサイト★
     ↓
面白いおすすめの傑作ミステリー小説100冊以上のサイト


●村上春樹のおすすめの本●
  ↓
村上春樹のおすすめの本

タグ:東野圭吾
posted by ホーライ at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 東野圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

★東野圭吾のおすすめミステリー、おすすめ東野圭吾のミステリー小説『流星の絆』東野圭吾(著)

東野圭吾おすすめミステリー小説、おすすめの東野圭吾のミステリー小説。東野圭吾の面白い作品。

面白いミステリー、おもしろい傑作おすすめミステリー小説は『流星の絆』東野圭吾(著)だ。


第43回新風賞受賞作品


惨殺された両親の仇討ちを流星に誓いあった三兄妹。

「兄貴、妹(あいつ)は本気だよ。俺たちの仇の息子に惚れてるよ」

14年後――彼らが仕掛けた復讐計画の最大の誤算は、妹の恋心だった。

「この小説は私が書いたのではない。登場人物たちが作りだしたのだ。」――東野圭吾

息もつかせぬ展開、張り巡らされた伏線、驚きの真相、涙がとまらないラスト。

すべての東野作品を超えた現代エンタメの最高峰


開いたら最後、あっと言う間に過ぎ去った482ページ。

相変わらずの描写の巧さで頭の中に自然に浮かぶ情景。

登場人物の心情と共に張り巡らされる謎や伏線。

乱れも隙も無い計算されつくした展開。見事な結末。

本を閉じた後の読後感。


どれをとっても本当に素晴らしかった。

まさに、東野圭吾作品の最高傑作の部類に入る出来でした。

今までの東野圭吾作品も十二分に面白いんですけど、どこか納得の行かない部分や、残念な部分がありました。

高校の時から数えると200〜300冊くらい色んな作家の小説を読みましたけど、この『流星の絆』は3本の指に入るくらいの出来でした。


東野圭吾なら、いつか完璧に近い小説を書いてくれるんじゃないかと思ってましたけど、『流星の絆』は本当にお見事でした。


100点満点。


【アマゾン】『流星の絆』東野圭吾(著)
   ↓
流星の絆





【楽天】『流星の絆』東野圭吾(著)
  ↓
流星の絆

流星の絆

流星の絆

価格:1,785円(税込、送料別)






■アマゾンの「東野圭吾」の作品一覧
     ↓
東野圭吾の作品集一覧


■楽天の「東野圭吾」の作品一覧
     ↓
東野圭吾の作品集一覧



★面白い、おもしろい、おすすめの傑作ミステリー小説100冊以上のサイト★
     ↓
面白いおすすめの傑作ミステリー小説100冊以上のサイト


●村上春樹のおすすめの本●
  ↓
村上春樹のおすすめの本


タグ:東野圭吾
posted by ホーライ at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 東野圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★東野圭吾のおすすめミステリー、おすすめ東野圭吾のミステリー小説『容疑者Xの献身』東野圭吾(著)

東野圭吾おすすめミステリー小説、おすすめの東野圭吾のミステリー小説。東野圭吾の面白い作品。

面白いミステリー、おもしろい傑作おすすめミステリー小説は『容疑者Xの献身』東野圭吾(著)だ。


2006年『容疑者Xの献身』で第134回直木賞を受賞、第6回本格ミステリ大賞(小説部門)

2008年、フジテレビジョンほかにより映画化されている。


天才数学者でありながら不遇な日日を送っていた高校教師の石神は、一人娘と暮らす隣人の靖子に秘かな想いを寄せていた。

彼女たちが前夫を殺害したことを知った彼は、二人を救うため完全犯罪を企てる。

だが皮肉にも、石神のかつての親友である物理学者の湯川学が、その謎に挑むことになる。

ガリレオシリーズ初の長篇、直木賞受賞作。


東野作品は20作くらい読みましたけど、自分にはこれが最高傑作です。

若干突っ込み所はありつつも見事な叙述トリック、そして石神の純粋すぎる愛と湯川の優しさを描いたストーリー、どちらも大満足でした。

結末は賛否両論ですけど、自分はこれでよかったと思います。

最後の石神の叫びには悲しさだけじゃなく、喜びも含まれてるような気がします。

ちなみにこれから読まれる方は先に「探偵ガリレオ」「予知夢」を読んでおいた方がいいです。

草薙と湯川の関係や、湯川のキャラクターを把握しておいた方が今作を何倍も楽しめますので。



天才数学者の石神。彼は都会の片隅の小さなボロアパートに住み、高校の教師をしている。

学校とアパートとの往復だけでなんの楽しみのないような生活をおくっている。

しかし彼は、ある難解な数学の公式を解くこととを生きる証として何年も取り組んでいる。

そして、秘密に恋心を抱く女性もいた。

その恋は、純粋で自分の人生をなげうってでも守りたいものだった・・・・・・

そして彼は、事件に自ら巻き込まれていく。

石神の大学時代の同級生として、登場する天才物理学者、湯川。

ガリレオシリーズの初の長編作品で、湯川の事件を解決する才能はいかんなく発揮され読み応えある作品になっている。


事件を解決していくおもしろさは、もちろんだが、湯川と石神の天才学者同士の心の模様や、石神の怖いぐらいの純粋な恋心など心理面でも十分楽しめます。

天才のひらめきは、観察眼の鋭さから生まれるのだという印象を受けました。

最後まで一気に読み進みたくなるミステリーです。


【アマゾン】『容疑者Xの献身』東野圭吾(著)

容疑者Xの献身 (文春文庫)




【楽天】『容疑者Xの献身』東野圭吾(著)

【送料無料】容疑者Xの献身

【送料無料】容疑者Xの献身

【送料無料】容疑者Xの献身

価格:660円(税込、送料別)




■アマゾンの「東野圭吾」の作品一覧
     ↓
東野圭吾の作品集一覧


■楽天の「東野圭吾」の作品一覧
     ↓
東野圭吾の作品集一覧



★面白い、おもしろい、おすすめの傑作ミステリー小説100冊以上のサイト★
     ↓
面白いおすすめの傑作ミステリー小説100冊以上のサイト


●村上春樹のおすすめの本●
  ↓
村上春樹のおすすめの本

タグ:東野圭吾
posted by ホーライ at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 東野圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★東野圭吾のおすすめミステリー、おすすめ東野圭吾のミステリー小説『秘密』東野圭吾(著)

東野圭吾おすすめミステリー小説、おすすめの東野圭吾のミステリー小説。東野圭吾の面白い作品。

面白いミステリー、おもしろい傑作おすすめミステリー小説は『秘密』東野圭吾(著)だ。


99年『秘密』で第52回日本推理作家協会賞受賞作品。

テレビ朝日系でドラマ化もされている(2010年)。

1999年には東宝系で映画化もされた。


妻・直子と小学5年生の娘・藻奈美を乗せたバスが崖から転落。

妻の葬儀の夜、意識を取り戻した娘の体に宿っていたのは、死んだはずの妻だった。

その日から杉田家の切なく奇妙な“秘密”の生活が始まった。

映画「秘密」の原作であり、98年度のベストミステリーとして話題をさらった長篇、ついに文庫化。


涙の無い感動。読了後 呆然。

悲壮感、喪失感、虚無感、孤独感、絶望感・・・・・・。

なんとも形容し難いブルーな感覚に陥りました。



「うわぁ、マジかんべんしてよもう。こんなのって・・・・・・」という気持ちです。

男って、心が弱いからせめて体だけは強くできているのかも。

男にはちょっとつらい。

女性にとってはどうなんでしょう?



自分が主人公の立場だったら耐えられそうにも、そして立ち直れそうにもないです。

実際読み終わってブルーな気分からしばらく立ち直れませんでした。

終わってからもう1度クライマックス付近を読み返すことでしょう。

そもそも誰が悪いのかと問われたら、誰も悪くない様な、誰もが少しずつ悪い様な。

最善の選択なのか、仕方無しなのか、ずるさなのか。


そして、ではどうすれば良かったのか、と考えずにはいられません。

ラストで解るタイトル「秘密」の理由。

必読です。



とりあえずガンっとパンチがある作品です。

切ないので気持ち健康なときに読まれた方がいいかも・・・



読み終えてショックでした。

自分に置き換えて考えると、自分だったら我慢できないかも。

「本当にそういうことか??」と何度かラストを読み返しました。

やはり、そういうことのようだ。


【アマゾン】『秘密』東野圭吾(著)

秘密 (文春文庫)





【楽天】『秘密』東野圭吾(著)

秘密

秘密

秘密

価格:700円(税込、送料別)




■アマゾンの「東野圭吾」の作品一覧
     ↓
東野圭吾の作品集一覧


■楽天の「東野圭吾」の作品一覧
     ↓
東野圭吾の作品集一覧


★面白い、おもしろい、おすすめの傑作ミステリー小説100冊以上のサイト★
     ↓
面白いおすすめの傑作ミステリー小説100冊以上のサイト


●村上春樹のおすすめの本●
  ↓
村上春樹のおすすめの本

posted by ホーライ at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 東野圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★東野圭吾のおすすめミステリー小説『放課後』東野圭吾(著)

おすすめの東野圭吾のミステリー小説。東野圭吾の面白い作品。

面白いミステリー、おもしろい傑作おすすめミステリー小説は『放課後』東野圭吾(著)だ。


乱歩賞受賞作品の青春推理もの。

フジテレビで番組化されている(1986年)。


校内の更衣室で生徒指導の教師が青酸中毒で死んでいた。

先生を2人だけの旅行に誘う問題児、頭脳明晰の美少女・剣道部の主将、先生をナンパするアーチェリー部の主将――犯人候補は続々登場する。

そして、運動会の仮装行列で第2の殺人が……。


とても二十年前の作品だとは思えない。
 
話も結構複雑に入り組んでいて、学校とそれを取り巻く環境が非常によくかけていると思う。
 
ただ、犯人とトリックはけっこうわかりやすいものだと思うが、それでもラストのオチはなかなかよかったと思う。
 
動機について、それはないだろという意見をよく聞きますけど、少なくとも金のためとか陳腐な愛憎劇なんかよりも数百倍もいいと思う。
 
やはりデビュー時からきちっとレベルの高いものをかいてるなぁ、と感心する。


学園もの……なんて気軽な言葉に乗せられて買ったら良い意味で裏切られました。

本当に面白かったです。

ぜひ、読んでみてください。


この小説の最大の論点は、何といってもその「動機」でしょう。

良いも悪いも、その「動機」はやはりショッキングですから、それを知る為に読み進んだとしても、 それはそれで損はしないと思いますし、そのくらいインパクトはあるんでしょうね。


もう一度、犯人を知った上で最初から読み返したくなりました。


ちなみに、東野圭吾は大学在学中はアーチェリー部の主将を務め、デビュー作『放課後』でもアーチェリーが題材となっています。

また、当時の夫人の職業が女子高の非常勤教師であったため、『放課後』の主人公、前島を女子高勤務にすることを思い付いたらしいですよ。



【アマゾン】『放課後』東野圭吾(著)

放課後 (講談社文庫)





【楽天】『放課後』東野圭吾(著)

放課後

放課後

放課後

価格:600円(税込、送料別)





■アマゾンの「東野圭吾」の作品一覧
     ↓
東野圭吾の作品集一覧


■楽天の「東野圭吾」の作品一覧
     ↓
東野圭吾の作品集一覧



★面白い、おもしろい、おすすめの傑作ミステリー小説100冊以上のサイト★
     ↓
面白いおすすめの傑作ミステリー小説100冊以上のサイト


●村上春樹のおすすめの本●
  ↓
村上春樹のおすすめの本

タグ:東野圭吾
posted by ホーライ at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 東野圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。