2010年12月28日

★おすすめの名作ミステリー小説:古典的名作ミステリー小説『幻の女』ウイリアム・アイリッシュ(著)

歴史的名作ミステリー小説、おすすめ傑作ミステリー小説、お薦めミステリー小説、お勧めミステリー小説、お奨めミステリー小説、本格ミステリー小説の紹介です。

今回は定番中の定番、本格ミステリーの王道『幻の女』ウイリアム・アイリッシュ(著)です。

本作品の出だしは超有名だ。

「夜は若く、彼も若かった。が、夜の空気は甘いのに、彼の気分は苦かった。」


長いお話なのに途中でだれることもなく飽きませんでした。
 
文句のつけようがありません。
 
古い推理小説を読む楽しみを教えてもらいました。

洗練された文章で、謎を解く鍵は全て読者の手の中にあり、なおかつ最後でどんでん返し。


タイトルはずいぶん昔から知っていた。

評価も高かった。

その作品をようやく読むことができた。噂どおりの面白さ、だ。
 
作品が書かれたのは、1942年。そんな古さはみじんも感じさせない。

 

妻殺しの罪で死刑判決を受けたヘンダースンは、犯行時刻、「幻の女」と一緒にいた。

二人でバーに並び、タクシーに乗り、食事をした。

劇場の最前列でショーも見た。

その女の証言さえ得られれば、ヘンダースンの無罪は明らかだ。

 
しかし、ヘンダースンはその女の名前も容貌も思い出すことができなかった。

そんなことには関心がなかったからだ。

ただ、二人を目撃したという証人が全くいないのが不思議だった。

そんな二人連れは見なかったと言うならまだ理解できる。

ところが、関係者はなぜか皆、口をそろえて、ヘンダースンは一人でいた、と証言する。

 
ヘンダースンの言葉を始めて信用したのは、彼を死刑に追い込んだ刑事バージェスだった。

バージェスのアドバイスで親友ロンバートの助けを求めるヘンダースン。

その時点で、死刑執行までに残された時間は21日間しかなかった。

 
探偵役は一つ一つ小さな成功を積み重ねて真相に辿り着くものだと思っていた。

しかし、この作品は違った。

一つのヒントが成果につながろうとする瞬間、キーパーソンが事故死してしまうのだ。

そのたびに、手がかりが一つ一つ空しく消えてゆく。

果たして本当に事故死なのか? 

死刑執行までに真相は明らかになるのか? 


そんなことを考えながら読み進むと、終盤一気の展開で真相が明らかになる。


死刑執行が刻々と近づく緊迫感とともにニューヨークの雰囲気が作品全体に溢れている。

上質のミステリは上質の風俗小説であるのかもしれない。

現在の読み手にとってこの結末は意外なものではないのかもしれないが、それを差し引いたとしてもこの作品が一級のミステリであることに間違いはない。


【アマゾン】『幻の女』ウイリアム・アイリッシュ(著)
  ↓
幻の女 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 9-1))





【楽天】『幻の女』ウイリアム・アイリッシュ(著)
  ↓
幻の女

幻の女

幻の女

価格:840円(税込、送料別)





★面白い、おもしろい、おすすめの傑作ミステリー小説、現代ものから古典的名作ミステリー小説まで100冊以上のサイト★
     ↓
面白いおすすめの傑作ミステリー小説100冊以上のサイト


●村上春樹のおすすめの本●
  ↓
村上春樹のおすすめの本

posted by ホーライ at 05:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 古典的名作ミステリー小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

★おすすめの名作ミステリー小説:古典的名作ミステリー小説『Zの悲劇』エラリー・クイーン(著)

歴史的名作ミステリー小説、おすすめ傑作ミステリー小説、本格ミステリー小説の紹介です。

今回は定番中の定番、本格ミステリーの王道『Zの悲劇』エラリー・クイーン(著)です。



政界のボスとして著名な上院議員の、まだ生温かい死体には、ナイフが柄まで刺さっていた。

被害者のまわりには多くの政敵と怪しげな人物がひしめき、所有物の中から出てきた一通の手紙には、恐ろしい脅迫の言葉と、謎のZの文字が並べてあった。

錯綜した二つの事件の渦中にとび込むのは、サム警部の美しい娘のパティと、レーンの名コンビ。


『Xの悲劇』『Yの悲劇』につづく、エラリー・クイーンの推理小説の名作。

名探偵ドルリー・レーンと、元警部のサムの娘、ペイシェンスのコンビは、不可解な殺人事件の奥にひそむ真実を白日のもとに…。


無実であるにも関わらず、死刑判決をうけた男を救うため、死刑執行までに、事件を解決しなければならないという《タイムリミット》もの。

特に、まさに死刑が執行されんとする場面でのレーンの推理は、クイーン全作品のなかでも白眉といってよく、圧巻の一言です。


計27人の容疑者を次々と消去し、最後に残った一人を犯人として指摘するクライマックスのカタルシスは無類ですが、その後に訪れる皮肉な幕切れは、このシリーズならではの苦味を残します。



【アマゾン】『Zの悲劇』エラリー・クイーン(著)
  ↓
Zの悲劇 (創元推理文庫)




【楽天】『Zの悲劇』エラリー・クイーン(著)
  ↓
Zの悲劇

Zの悲劇

Zの悲劇

価格:777円(税込、送料別)





★面白い、おもしろい、おすすめの傑作ミステリー小説、現代ものから古典的名作ミステリー小説まで100冊以上のサイト★
     ↓
面白いおすすめの傑作ミステリー小説100冊以上のサイト


●村上春樹のおすすめの本●
  ↓
村上春樹のおすすめの本

posted by ホーライ at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 古典的名作ミステリー小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★おすすめの名作ミステリー小説:古典的名作ミステリー小説『Xの悲劇』エラリー・クイーン(著)

歴史的名作ミステリー小説、おすすめ傑作ミステリー小説、本格ミステリー小説の紹介です。

今回は定番中の定番、本格ミステリーの王道『Xの悲劇』エラリー・クイーン(著)です。



ニューヨークの電車の中で起きた奇怪な殺人事件。

おそるべきニコチン毒をぬったコルク玉という新手の凶器が使われたのだ。

この密室犯罪の容疑者は大勢いるが、聾者の探偵、かつての名優ドルリー・レーンの捜査は、着々とあざやかに進められる。

“読者よ、すべての手がかりは与えられた。

犯人は誰か?”と有名な挑戦をする、本格中の本格ミステリー小説。

ニューヨークの市街電車で起こった事件は、サム警視の頭を悩ませるに充分なほど不可解なものだった。

突然の豪雨を避けるため、婚約者や友人たちと市電に乗った株式仲買人が、なかでくずれるように倒れた。

上着のポケットに入っていた奇妙な凶器で殺されたらしいのだが、密室状況の車内には被害者に悪意を抱く者が大勢いた。

サム警視は事件の解決を元俳優の探偵ドルリイ・レーンに依頼するが、第2、第3の殺人が発生するにおよび、事件は意外な様相を呈しはじめる。

巨匠エラリイ・クイーンが若き日にものした本格ミステリの傑作!


読者にデータがフェアに提示され、それを起点に推理することにより、 ある事実を特定可能にするといったクイーン一流のロジックも健在で、 本作においては、第一の殺人における凶器を扱うための道具や第二の 殺人における死体の手術痕、そして第三の殺人における死体の上着の 内ポケットにあった列車の回数券などにその特徴を見ることができます。

なかでも、法廷において殺人の罪に問われた無実の被告を救うために展開される彼の右手の傷をもとにした論理は明晰で、クイーンの本領を存分に味わえます。


【アマゾン】『Xの悲劇』エラリー・クイーン(著)
  ↓
Xの悲劇 (創元推理文庫)




【楽天】『Xの悲劇』エラリー・クイーン(著)
  ↓
【送料無料】Xの悲劇

【送料無料】Xの悲劇

【送料無料】Xの悲劇

価格:740円(税込、送料別)




★面白い、おもしろい、おすすめの傑作ミステリー小説、現代ものから古典的名作ミステリー小説まで100冊以上のサイト★
     ↓
面白いおすすめの傑作ミステリー小説100冊以上のサイト


●村上春樹のおすすめの本●
  ↓
村上春樹のおすすめの本


posted by ホーライ at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 古典的名作ミステリー小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★名作ミステリー小説:古典的名作ミステリー小説『Yの悲劇』エラリー・クイーン(著)

歴史的名作ミステリー小説、おすすめ傑作ミステリー小説、本格ミステリー小説の紹介です。

今回は定番中の定番、本格ミステリーの王道『Yの悲劇』エラリー・クイーン(著)です。


行方不明をつたえられた富豪ヨーク・ハッターの死体がニューヨークの湾口に揚がった。

死因は毒物死で、その後、病毒遺伝の一族のあいだに、目をおおう惨劇がくり返される。

名探偵レーンの推理では、あり得ない人物が犯人なのだが……。

ロス名義で発表した四部作の中でも、周到な伏線と、明晰な解明の論理は読者を魅了する古典的名作ミステリー小説。


「Xの悲劇」とは違い 、さすがのドリル・レーン氏もてこずってしまいます。

その姿を見てとても切なくなってしまうぐらい。

設定は誰もを疑いたくなる ような設定なので、誰が犯人でもおかしくは ありませんが、怪しい人は法則通り疑ってはいけません。

しかしそこから先のこれはないだろう、 という虚をついてくる犯人の設定です。

なので判明したときの驚きはひとしおなはず。


名作ミステリ、本格ミステリとして歴史があり、定番中の定番として定評のある作品で、個人的には「Xの悲劇」より評価は高いです。

「Xの悲劇」は、ニューヨークの雰囲気というか、息吹というかそうしものが感じれておもしろい。

が、犯人が小細工をしすぎていてリアルティに欠ける印象があるので、「Yの悲劇」の方をおしたい。

もっとも「Xの悲劇」も抜群に面白い。

パズラーとして純粋にみたら「Xの悲劇」のほうが上かもしれませんね。

この辺は好みでしょう。


不条理、不合理が支配するハッター家という小宇宙で起こった事件をレーンは見事なロジックで明らかにしていく。

不条理、不合理と論理、合理性のせめぎ合い。

これぞミステリの醍醐味ではありません?



少年探偵団や子ども向け「ルパン」シリーズを卒業して、最初に読んだミステリが本作です。

今から40年ほど前のことです(小学5年生の頃)。

とてもラッキーだったと思います。
今から考えると、“犯人の意外性”という魅力は減じていますが、あの独特の雰囲気が好きです。

日本では極端に高い評価を得ていますが、こういった雰囲気も人気の一つでしょう。

この作品からミステリの世界に入る人は幸せだと思います。


レーンが決して語らなかった“犯人を殺した「犯人」”の衝撃ゆえに、『Yの悲劇』の名はミステリ史において永遠となったといえます。

歴史的名作、古典的名作ミステリー小説の代名詞である『Yの悲劇』を十分に堪能してください。決して、裏切りません。


【アマゾン】『Yの悲劇』エラリー・クイーン(著)
  ↓
Yの悲劇 (創元推理文庫 104-2)




【楽天】『Yの悲劇』エラリー・クイーン(著)
  ↓
【送料無料】Yの悲劇

【送料無料】Yの悲劇

【送料無料】Yの悲劇

価格:740円(税込、送料別)




★面白い、おもしろい、おすすめの傑作ミステリー小説、現代ものから古典的名作ミステリー小説まで100冊以上のサイト★
     ↓
面白いおすすめの傑作ミステリー小説100冊以上のサイト


●村上春樹のおすすめの本●
  ↓
村上春樹のおすすめの本


posted by ホーライ at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 古典的名作ミステリー小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。