2010年12月29日

★おすすめ名作ミステリー小説:お薦め傑作ミステリー小説『オーデュボンの祈り』伊坂幸太郎(著) 

伊坂幸太郎おすすめミステリー小説、お奨めの伊坂幸太郎のミステリー小説。伊坂幸太郎の名作ミステリーの面白い作品。

おすすめミステリー作家のオススメ面白いミステリー、おもしろい傑作お勧めミステリー小説は『オーデュボンの祈り』伊坂幸太郎(著))だ。


2000年『オーデュボンの祈り』で、新潮ミステリー倶楽部賞を受賞し、デビュー。


既存のミステリーの枠にとらわれない大胆な発想で、読者を魅了する伊坂幸太郎のデビュー作。

レイプという過酷な運命を背負う青年の姿を爽やかに描いた『重力ピエロ』や、特殊能力を持つ4人組の強盗団が活躍する『陽気なギャングが地球を回す』など、特異なキャラクターと奇想天外なストーリーを持ち味にしている著者であるが、その才能の原点ともいえるのが本書だ。

事件の被害者は、なんと、人語を操るカカシなのである。


コンビニ強盗に失敗した伊藤は、警察に追われる途中で意識を失い、見知らぬ島で目を覚ます。

仙台沖に浮かぶその島は150年もの間、外部との交流を持たない孤島だという。

そこで人間たちに崇拝されているのは、言葉を話し、未来を予知するというカカシ「優午」だった。

しかしある夜、何者かによって優午が「殺害」される。

なぜカカシは、自分の死を予測できなかったのか。

「オーデュボンの話を聞きなさい」という優午からの最後のメッセージを手掛かりに、伊藤は、その死の真相に迫っていく。


嘘つきの画家、体重300キロのウサギさん、島の規律として殺人を繰り返す男「桜」。

不可思議な登場人物たちの住む島は、不条理に満ちた異様な世界だ。

一方、そんな虚構に比するように、現実世界のまがまがしい存在感を放つのが、伊藤の行方を執拗に追う警察官、城山である。

本書が、荒唐無稽な絵空事に陥らないのは、こうした虚構と現実とが絶妙なバランスを保持し、せめぎあっているからだ。

本格ミステリーの仕掛けもふんだんに盛り込みながら、時に、善悪とは何かという命題をも忍ばせる著者の実力は、ミステリーの果てしない可能性を押し開くものである。



伊坂幸太郎さんのデビュー作。

現実と非現実のどちらとも言えない設定に戸惑いましたが、 最後まで読むと良い作品だなと思いました。

どういう終わり方なのか、気になりながら読みましたが、読み終わってみるといい読後感。

伏線の張り方、回収が緻密で、ラストも良かったです。

その後の作品と比べると、疾走感というか一気に読ませる惹き付ける感じが少ないようなので、伊坂作品を初めて読むなら、この作品じゃない方がいいかもしれません。

この作品をいいなと思った方には、他の作品も躊躇なくお勧めしたいです。


独特な余韻を強く残した、不思議なミステリーだ。


【アマゾン】
   ↓
オーデュボンの祈り (新潮文庫)




【楽天】
  ↓
【送料無料】オーデュボンの祈り

【送料無料】オーデュボンの祈り

【送料無料】オーデュボンの祈り

価格:660円(税込、送料別)




●アマゾンでの伊坂幸太郎作品
     ↓
アマゾンの伊坂幸太郎作品一覧


●楽天での伊坂幸太郎作品
     ↓
楽天の伊坂幸太郎作品一覧



★面白い、おもしろい、おすすめの傑作ミステリー小説、最新の現代ものから古典的名作ミステリー小説、名作推理小説まで100冊以上のサイト★
     ↓
面白いおすすめの傑作ミステリー小説100冊以上のサイト


●村上春樹のおすすめの本●
  ↓
村上春樹のおすすめの本

ラベル:伊坂幸太郎
posted by ホーライ at 05:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 伊坂幸太郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月28日

★おすすめ名作ミステリー小説:お薦め傑作ミステリー小説『重力ピエロ』伊坂幸太郎(著)

伊坂幸太郎おすすめミステリー小説、お奨めの伊坂幸太郎のミステリー小説。伊坂幸太郎の名作ミステリーの面白い作品。

面白いミステリー、おもしろい傑作お勧めミステリー小説は『重力ピエロ』伊坂幸太郎(著)だ。


2004年「このミステリーがすごい」第3位。

「重力ピエロ」の映画化(2009年5月23日公開(宮城県は4月25日先行公開)。監督:森淳一、主演:加瀬亮)


半分しか血のつながりがない「私」と、弟の「春」。

春は、私の母親がレイプされたときに身ごもった子である。

ある日、出生前診断などの遺伝子技術を扱う私の勤め先が、何者かに放火される。

町のあちこちに描かれた落書き消しを専門に請け負っている春は、現場近くに、スプレーによるグラフィティーアートが残されていることに気づく。

連続放火事件と謎の落書き、レイプという憎むべき犯罪を肯定しなければ、自分が存在しない、という矛盾を抱えた春の危うさは、やがて交錯し…。


著者は、新潮ミステリー倶楽部賞受賞作『オーデュボンの祈り』で言葉を話すカカシを登場させ、『陽気なギャングが地球を回す』では、特殊能力を持ったギャング団一味を軽妙なタッチで描いてみせた伊坂幸太郎。

奇想天外なキャラクターを、巧みなストーリーテリングで破綻なく引っ張っていく手法は、著者の得意とするところである。

本書もまた、春という魅力的な人物を縦横に活躍させながら、既存のミステリーの枠にとらわれない、不思議な余韻を残す作品となっている。


伊坂流「罪と罰」ともいえる本書は、背後に重いテーマをはらみながらも、一貫して前向きで、明るい。

そこには、空中ブランコを飛ぶピエロが、一瞬だけ重力を忘れることができるように、いかに困難なことであっても必ず飛び越えることができる、という著者の信念が感じられる。

とくに、癌(がん)に冒されながらも、最後まで春を我が子として支援する父親の存在が、力強い。

春が選んだ結末には賛否両論があるに違いないが、「本当に深刻なことは陽気に伝えるべきなんだよ」と春に語らせた著者のもくろみが成功していることは、すがすがしい読後感が証明している。



久々に日本の現代小説を読みました。楽しませてもらいました。
 
欠点とも取れる特徴のある小説であるため、自分には合わないと感じる方もいるかもしれません。

 
ミステリーというには謎が入り組んでおらず、文芸というには軽い。

家族小説というには現実味が薄い。

特に私が気になったのは、春や母親を初めとする登場人物が「いかにも作った」印象を与えてしまうことや、その登場人物たちがとる行動の中に非現実的な点があることなどの、「現実味の薄さ」です。

非常に良く出来た小説ではその非現実性も作品の魅力となるものですが、残念ながらこの作品ではそこまで到達していないように思えます。

「この小説はちょっと…」という方にとっては、この「現実味の薄さ」と知識を羅列した「饒舌さ」が相俟って拒否反応を引き起こすのでしょう。

 
しかしこの作品にはそれらを補って余りある爽快な美しさがあります。

この小説の良さを一言で言うなら、「重いテーマを軽いタッチで描いてみせる美しさ」です。

 
猿人・原人とホモ・サピエンス、レイプという犯罪の本質、親殺し・子殺し、芸術とは、少年犯罪と法律、などと表面に見えるテーマは様々ですが、それらを語る語り口はいずれも軽快です。

テーマの「重さ」と文体の「軽さ」。

これらの「重力」を操り、爽快な美しさを現前させること。

これが作者の目指したことなのではないでしょうか。



本屋で、タイトルに惹かれて手に取りました。

そして、一気に読み終えました。

遺伝子などの専門的な話も、登場人物が会話の中で詳しく説明しているため、それほど困ることなく読み進めることができました。


この作品の魅力。

その1つは、登場人物がとても魅力的だということ。

とくに、主人公の両親と探偵には、惚れ惚れします。

そして、言葉の魅力が絶大で。

はっ、とさせられる言葉がたくさん溢れています。


話自体も、意外性はとくになかったものの、面白かったと思います。

でも、最後には、これで良かったのか?と、

登場人物だけでなく、読者も考えたくなるのではないでしょうか。


重力。

でもそれは、消えたり消したりできるものではなくて、忘れさせることはできる、そういうことなんじゃないかな。

それが私の中での、正解のない答えです。



【アマゾン】『重力ピエロ』伊坂幸太郎(著)
  ↓
重力ピエロ




【楽天】『重力ピエロ』伊坂幸太郎(著)
  ↓
【送料無料】重力ピエロ

【送料無料】重力ピエロ

【送料無料】重力ピエロ

価格:660円(税込、送料別)



●アマゾンでの伊坂幸太郎作品
     ↓
アマゾンの伊坂幸太郎作品一覧


●楽天での伊坂幸太郎作品
     ↓
楽天の伊坂幸太郎作品一覧



★面白い、おもしろい、おすすめの傑作ミステリー小説、最新の現代ものから古典的名作ミステリー小説、名作推理小説まで100冊以上のサイト★
     ↓
面白いおすすめの傑作ミステリー小説100冊以上のサイト
ラベル:伊坂幸太郎
posted by ホーライ at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 伊坂幸太郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。