2010年12月29日

★2009年「このミステリーがすごい」第7位:『黒百合』多島斗志之(著)

多島斗志之おすすめミステリー小説、お奨めの多島斗志之のミステリー小説。多島斗志之の名作ミステリーの面白い作品。

おすすめミステリー作家のオススメ面白いミステリー、おもしろい傑作お勧めミステリー小説は『黒百合』多島斗志之(著)だ。


2009年「このミステリーがすごい」第7位。

「週刊文春ミステリーベスト10」国内部門第8位


「六甲山に小さな別荘があるんだ。下の街とは気温が八度も違うから涼しく過ごせるよ。きみと同い年のひとり息子がいるので、きっといい遊び相手になる。一彦という名前だ」父の古い友人である浅木さんに招かれた私は、別荘に到着した翌日、一彦とともに向かったヒョウタン池で「この池の精」と名乗る少女に出会う。

夏休みの宿題、ハイキング、次第に育まれる淡い恋、そして死―一九五二年夏、六甲の避暑地でかけがえのない時間を過ごす少年たちを瑞々しい筆致で描き、文芸とミステリの融合を果たした傑作長編。


進・一彦・香の3人が過ごす戦後の避暑地での青春物語の部分、ここの描写力がすぐれているので、作品全体の質を上げているのでしょう。

銀幕のスターたちの出ていた古い秀作の邦画のような雰囲気です。

香のおばさま日登美や、六甲の女王、小芝翁…などなど、脇役たちの人物像も、時代と上流階級の人々の雰囲気を良く伝えてくれます。

この序章の部分だけでも作品が成り立つぐらい上質なものだと思います。

ドイツで出会った謎の女性は誰?と思いながら読み進め、殺人事件の犯人は…とミステリー部分では謎を持たせ、全くもって巧いです。

昭和27年の部分は、夏休みの宿題の日記をつける進の目線で描かれるので、少年らしいたどたどしさもあって、語られない部分を巧くカバーしてミスリードを誘います。


もう一つの殺人事件が起こり、謎が解けないまま、ラストに突中。

え、もうページも少ないし終わっちゃうよ〜、と思ったら実にサラリと描かれる真相。

サプライズです、やられちゃいました。

ミステリーの謎解き、ここが一番の見せ場、そこをサラリと書いて素知らぬ顔して通り過ぎようとする作者。

う〜ん、にくい!



昭和27年、14才の寺元進は、東京からひとり離れて父親の旧友浅木の持つ六甲山の別荘で夏休みを過ごすことになった。

そこには浅木の息子で同い年の一彦がいた。また近所の裕福な家庭の、これもまた同い年の倉沢香とも出会う。

彼らは意気投合して、ハイキング、水泳、スケッチと毎日のように夏の避暑地の日々を過ごす。

やがて進と一彦は香にほのかな恋心を抱くようになる。この小説のほとんどを占めるのはつたない進の日記から始まる甘酸っぱい青春物語の懐古である。

その一方で、進と一彦の父親たちが昭和10年、ナチス政権下のドイツはベルリンで出会った不思議な女性との交流と、昭和16年から20年、戦時下の神戸における鉄道員と女学生の恋と、それが原因で起こる殺人という、ふたつのエピソードが挟み込まれる。


はたしてこれら三つのパートがどう関っているのか。

読者の興味は尽きない。そして時を越えた複雑な人間関係が次第に明らかになり、これまで見えていなかった風景が終盤浮かびあがる時、作者の企みが現れる仕組みになっている。


多島斗志之は、基本的には淡い文芸的な青春恋愛小説を読者に読ませながらも、思いがけないところに伏線を張り巡らせていたり、<六甲の女王>なるミスディレクションに惑わせたりするのである。

本書は超絶的なテクニックに支えられた傑作である。



【アマゾン】『黒百合』多島斗志之(著)
  ↓
黒百合





【楽天】『黒百合』多島斗志之(著)
  ↓
【送料無料】黒百合

【送料無料】黒百合

【送料無料】黒百合

価格:1,575円(税込、送料別)





★面白い、おもしろい、おすすめの傑作ミステリー小説、最新の現代ものから古典的名作ミステリー小説、名作推理小説まで200冊以上のサイト★
     ↓
面白いおすすめの傑作ミステリー小説200冊以上のサイト


●村上春樹のおすすめの本●
  ↓
村上春樹のおすすめの本

posted by ホーライ at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年ベストミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★2009年「このミステリーがすごい」第6位:『カラスの親指』道尾秀介(著)

道尾秀介おすすめミステリー小説、お奨めの道尾秀介のミステリー小説。道尾秀介の名作ミステリーの面白い作品。

おすすめミステリー作家のオススメ面白いミステリー、おもしろい傑作お勧めミステリー小説は『カラスの親指』道尾秀介(著)だ。


2009年「このミステリーがすごい」第6位。

日本推理作家協会賞(第62回)を受賞した作品



“詐欺”を生業としている、したたかな中年二人組。

ある日突然、彼らの生活に一人の少女が舞い込んだ。

戸惑う二人。

やがて同居人はさらに増え、「他人同士」の奇妙な共同生活が始まった。

失くしてしまったものを取り戻すため、そして自らの過去と訣別するため、彼らが企てた大計画とは。



本書の筋書きのような作風をある作家の文庫で以前に読んだ記憶があります(意外と多いのかもしれませんね)。

だからというわけではありませんが、物語の展開自体に強い関心をもったとはいえません。

しかし「帯」にある「最高の逆転劇をお見せします。」という文言にはおのずと<注意>が向けられるのではないでしょうか。

そうすると、終盤の終盤にかけて「間違いなく何かが起きるぞ!」と読者は予測し、読了して「そうか、そういう結末か・・・」と深い安堵感に浸るのであります。


物語を構成していた「散りばめられたパーツ」が一気に再構築される、その速度感と緊張感には思わず唸ってしまいました。

意外と多いような作風にもかかわらず、です。

そこに作者の並々ならぬ力量を十分に実感できることでしょう。


ワクワクしながら読める作品ですし、読者の期待を満たしてくれる内容でしょう。

「カラスの親指」というタイトルの意味など、本書にはいろんな知識はもちろんのこと、家族や人間模様の混沌さ・奥深さを、道尾さん独特の文章でわれわれに語りかけてくれます。

ラストは切ないながらもすっきりさせてくれます。



すなおに読者は、劇中人物のコンゲームに一喜一憂し、いつの間にか、読者自身がゲームに参加させられている醍醐味を味わう作品です。

魅力的な人物描写、何気ない会話や表現が伏線になる痛快感、散らばったピースが見事に収束する終盤、 連鎖するどんでん返し、ホロっとさせる真相まで。

とにかく「完成」されたエンターテイメントです。


【アマゾン】『カラスの親指』道尾秀介(著)
  ↓
カラスの親指 by rule of CROW’s thumb




【楽天】『カラスの親指』道尾秀介(著)
  ↓
【送料無料】カラスの親指

【送料無料】カラスの親指

【送料無料】カラスの親指

価格:1,785円(税込、送料別)






★面白い、おもしろい、おすすめの傑作ミステリー小説、最新の現代ものから古典的名作ミステリー小説、名作推理小説まで200冊以上のサイト★
     ↓
面白いおすすめの傑作ミステリー小説200冊以上のサイト


●村上春樹のおすすめの本●
  ↓
村上春樹のおすすめの本

posted by ホーライ at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年ベストミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★2009年「このミステリーがすごい」第5位:『新世界より』貴志祐介(著)

貴志祐介おすすめミステリー小説、お奨めの貴志祐介のミステリー小説。貴志祐介の名作ミステリーの面白い作品。

おすすめミステリー作家のオススメ面白いミステリー、おもしろい傑作お勧めミステリー小説は『新世界より』貴志祐介(著)だ。


2009年「このミステリーがすごい」第5位


ここは汚れなき理想郷のはずだった。

1000年後の日本。伝説。消える子供たち。

著者頂点をきわめる、3年半ぶり書き下ろし長編小説!

子供たちは、大人になるために「呪力」を手に入れなければならない。

一見のどかに見える学校で、子供たちは徹底的に管理されていた。

いつわりの共同体が隠しているものとは――。

何も知らず育った子供たちに、悪夢が襲いかかる!



待たされた甲斐がありました。

本作は貴志祐介の最高傑作であるだけでなく、日本SF史上に残る怪作です。

酷評された『硝子のハンマー』以降、長期にわたり新作の音沙汰がなかったので、作家としてのピークを過ぎてしまったのかと残念に思っていたのですが、杞憂でした。

『黒い家』、『クリムゾンの迷宮』、『天使の囀り』の頃のパワフルな貴志祐介が完全復活です。

読み始めた当初は、「少年少女が主人公」、「中世日本の長閑な農村風景」、「呪力」、「色々な架空の生物」といった設定から、トトロのようなファンタジックな話なのかと思い、「あー、貴志祐介またやっちゃったか」と期待外れを覚悟しました。

しかし、世界観をある程度構築する序盤が終わるあたりで、世界の真の姿が明らかになり、以降は怒濤の貴志ワールドが全開フルスロットルです。

『青の炎』のやりきれない哀しさ、『黒い家』で描かれた人間の狂気、そして『天使の囀り』や『クリムゾンの迷宮』の残虐表現がすべて詰め込まれたような物語で、読んでいる最中の気分の悪さは格別です。

展開が強引だったり、ご都合主義だったりする箇所は多々ありますが、物語の勢いがそれらを補って余りあります。

なお、そうした物語としての勢いもさることながら、緻密な世界観を構築したうえで、数多くの謎や前振りの大半を破綻なく活かし、まとめあげている手腕にも舌を巻きます。

ただし、SFという性格上、架空の生物、技術、競技などが数多く登場するため、多くの場面で相当な想像力を要求されるのも、また事実です。

そのため、SFやファンタジーを読み慣れていない方は、語られているシーンをリアルに想像できず、本作をとんでもない駄作と感じるかもしれません。

私としては、本作は貴志祐介の最高傑作だと感じていますが、過去作品以上に読み手を選ぶという点で、評価は賛否が大きく分かれるでしょう。



遥か未来、呪力と呼ばれる力をもった子供達の話で、言葉を喋るネズミがでてきたりと、表層はファンタジーだが、読み進めて行くうちに感じとるのは、サイコホラーである。


アキラ・・・・・・私は、このイメージかしっくりた。

アキラというのは、アニメのアキラである。

未知なる力を手に入れ、やがて体も人格も力に呑み込まれてしまう小学生時にアキラを見て、ワクワクするような凄さと、気味の悪さを感じにはいられない話の流れ、それと同じものを、この本から感じた。


読み手を選ぶかもしれないが、私は話にすっかり引き込まれ、ページをめくる手がとまらなかった。

日本ファンタジー小説の金字塔だ。


【アマゾン】『新世界より』貴志祐介(著)
  ↓
新世界より 上





【楽天】『新世界より』貴志祐介(著)
  ↓
新世界より(上)

新世界より(上)

新世界より(上)

価格:1,995円(税込、送料別)





★面白い、おもしろい、おすすめの傑作ミステリー小説、最新の現代ものから古典的名作ミステリー小説、名作推理小説まで200冊以上のサイト★
     ↓
面白いおすすめの傑作ミステリー小説200冊以上のサイト


●村上春樹のおすすめの本●
  ↓
村上春樹のおすすめの本



posted by ホーライ at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年ベストミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★2009年「このミステリーがすごい」第6位:『カラスの親指』道尾秀介(著)

道尾秀介おすすめミステリー小説、お奨めの道尾秀介のミステリー小説。道尾秀介の名作ミステリーの面白い作品。

おすすめミステリー作家のオススメ面白いミステリー、おもしろい傑作お勧めミステリー小説は『カラスの親指』道尾秀介(著)だ。


2009年「このミステリーがすごい」第6位。

日本推理作家協会賞(第62回)を受賞した作品



“詐欺”を生業としている、したたかな中年二人組。

ある日突然、彼らの生活に一人の少女が舞い込んだ。

戸惑う二人。

やがて同居人はさらに増え、「他人同士」の奇妙な共同生活が始まった。

失くしてしまったものを取り戻すため、そして自らの過去と訣別するため、彼らが企てた大計画とは。



本書の筋書きのような作風をある作家の文庫で以前に読んだ記憶があります(意外と多いのかもしれませんね)。

だからというわけではありませんが、物語の展開自体に強い関心をもったとはいえません。

しかし「帯」にある「最高の逆転劇をお見せします。」という文言にはおのずと<注意>が向けられるのではないでしょうか。

そうすると、終盤の終盤にかけて「間違いなく何かが起きるぞ!」と読者は予測し、読了して「そうか、そういう結末か・・・」と深い安堵感に浸るのであります。


物語を構成していた「散りばめられたパーツ」が一気に再構築される、その速度感と緊張感には思わず唸ってしまいました。

意外と多いような作風にもかかわらず、です。

そこに作者の並々ならぬ力量を十分に実感できることでしょう。


ワクワクしながら読める作品ですし、読者の期待を満たしてくれる内容でしょう。

「カラスの親指」というタイトルの意味など、本書にはいろんな知識はもちろんのこと、家族や人間模様の混沌さ・奥深さを、道尾さん独特の文章でわれわれに語りかけてくれます。

ラストは切ないながらもすっきりさせてくれます。



すなおに読者は、劇中人物のコンゲームに一喜一憂し、いつの間にか、読者自身がゲームに参加させられている醍醐味を味わう作品です。

魅力的な人物描写、何気ない会話や表現が伏線になる痛快感、散らばったピースが見事に収束する終盤、 連鎖するどんでん返し、ホロっとさせる真相まで。

とにかく「完成」されたエンターテイメントです。


【アマゾン】『カラスの親指』道尾秀介(著)
  ↓
カラスの親指 by rule of CROW’s thumb




【楽天】『カラスの親指』道尾秀介(著)
  ↓
【送料無料】カラスの親指

【送料無料】カラスの親指

【送料無料】カラスの親指

価格:1,785円(税込、送料別)





★面白い、おもしろい、おすすめの傑作ミステリー小説、最新の現代ものから古典的名作ミステリー小説、名作推理小説まで200冊以上のサイト★
     ↓
面白いおすすめの傑作ミステリー小説200冊以上のサイト


●村上春樹のおすすめの本●
  ↓
村上春樹のおすすめの本


posted by ホーライ at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年ベストミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★2009年「このミステリーがすごい」第5位:『新世界より』貴志祐介(著)

貴志祐介おすすめミステリー小説、お奨めの貴志祐介のミステリー小説。貴志祐介の名作ミステリーの面白い作品。

おすすめミステリー作家のオススメ面白いミステリー、おもしろい傑作お勧めミステリー小説は『新世界より』貴志祐介(著)だ。


2009年「このミステリーがすごい」第5位


ここは汚れなき理想郷のはずだった。

1000年後の日本。伝説。消える子供たち。

著者頂点をきわめる、3年半ぶり書き下ろし長編小説!

子供たちは、大人になるために「呪力」を手に入れなければならない。

一見のどかに見える学校で、子供たちは徹底的に管理されていた。

いつわりの共同体が隠しているものとは――。

何も知らず育った子供たちに、悪夢が襲いかかる!



待たされた甲斐がありました。

本作は貴志祐介の最高傑作であるだけでなく、日本SF史上に残る怪作です。

酷評された『硝子のハンマー』以降、長期にわたり新作の音沙汰がなかったので、作家としてのピークを過ぎてしまったのかと残念に思っていたのですが、杞憂でした。

『黒い家』、『クリムゾンの迷宮』、『天使の囀り』の頃のパワフルな貴志祐介が完全復活です。

読み始めた当初は、「少年少女が主人公」、「中世日本の長閑な農村風景」、「呪力」、「色々な架空の生物」といった設定から、トトロのようなファンタジックな話なのかと思い、「あー、貴志祐介またやっちゃったか」と期待外れを覚悟しました。

しかし、世界観をある程度構築する序盤が終わるあたりで、世界の真の姿が明らかになり、以降は怒濤の貴志ワールドが全開フルスロットルです。

『青の炎』のやりきれない哀しさ、『黒い家』で描かれた人間の狂気、そして『天使の囀り』や『クリムゾンの迷宮』の残虐表現がすべて詰め込まれたような物語で、読んでいる最中の気分の悪さは格別です。

展開が強引だったり、ご都合主義だったりする箇所は多々ありますが、物語の勢いがそれらを補って余りあります。

なお、そうした物語としての勢いもさることながら、緻密な世界観を構築したうえで、数多くの謎や前振りの大半を破綻なく活かし、まとめあげている手腕にも舌を巻きます。

ただし、SFという性格上、架空の生物、技術、競技などが数多く登場するため、多くの場面で相当な想像力を要求されるのも、また事実です。

そのため、SFやファンタジーを読み慣れていない方は、語られているシーンをリアルに想像できず、本作をとんでもない駄作と感じるかもしれません。

私としては、本作は貴志祐介の最高傑作だと感じていますが、過去作品以上に読み手を選ぶという点で、評価は賛否が大きく分かれるでしょう。



遥か未来、呪力と呼ばれる力をもった子供達の話で、言葉を喋るネズミがでてきたりと、表層はファンタジーだが、読み進めて行くうちに感じとるのは、サイコホラーである。


アキラ・・・・・・私は、このイメージかしっくりた。

アキラというのは、アニメのアキラである。

未知なる力を手に入れ、やがて体も人格も力に呑み込まれてしまう小学生時にアキラを見て、ワクワクするような凄さと、気味の悪さを感じにはいられない話の流れ、それと同じものを、この本から感じた。


読み手を選ぶかもしれないが、私は話にすっかり引き込まれ、ページをめくる手がとまらなかった。

日本ファンタジー小説の金字塔だ。


【アマゾン】『新世界より』貴志祐介(著)
  ↓
新世界より 上





【楽天】『新世界より』貴志祐介(著)
  ↓
新世界より(上)

新世界より(上)

新世界より(上)

価格:1,995円(税込、送料別)





★面白い、おもしろい、おすすめの傑作ミステリー小説、最新の現代ものから古典的名作ミステリー小説、名作推理小説まで200冊以上のサイト★
     ↓
面白いおすすめの傑作ミステリー小説200冊以上のサイト


●村上春樹のおすすめの本●
  ↓
村上春樹のおすすめの本


posted by ホーライ at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年ベストミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。