2011年01月03日

★2008年「このミステリーがすごい」第9位:『夕陽はかえる』霞 流一(著

霞 流一おすすめミステリー小説、お奨めの霞 流一のミステリー小説。霞 流一の名作ミステリーの面白い作品。

おすすめミステリー作家のオススメ面白いミステリー、おもしろい傑作お勧めミステリー小説は『夕陽はかえる』霞 流一(著)だ。


2008年「このミステリーがすごい」第9位。



こんなミステリを待っていた!

不可能犯罪(ロックトルーム)×非情活劇(タランティーノ)×謀略(エスピオナージュ)

殺し屋が繰り広げる殺し合いの修羅場で殺人事件。

殺し屋の探偵が、殺し屋殺しの謎を巡り、殺し屋の容疑者を追及!

任侠推理か、マカロニ本格、それともパズル・ノワール?!

プロの暗殺組織〈影ジェンシー〉で実務を手掛ける〈影ジェント〉の一人、〈カエル〉が不可能状況で殺された。

明らかに同業者の手口。

同僚の瀬見塚は、〈カエル〉の遺族の依頼で真相を追う。

だが、〈カエル〉の後釜を狙う〈影ジェント〉たちが瀬見塚に刃を向け、彼らの怪奇を尽くした決闘の応酬は〈東京戦争〉と呼ばれるほどに発展していく。

殺し屋による殺し屋殺しと推理の行方は?

背徳のSin本格誕生!


殺し屋がころしあっている最中に「殺人事件」が発生するという、まさに「ぶっとび」なストーリーなのだが、そんな「細かい」ことを気にしなくていいよ、というぐらい話はテンポよく進んでいく。

以前、僕は「殺しを請け負う警察官」という設定の「殺す警官」を読んだことがああり、とても面白かった。(この世の中、なんでもありだ。)

『殺す警官』(4102017119)
  ↓
●(アマゾン)
殺す警官 (新潮文庫)





●(楽天)『殺す警官』
  ↓
【中古】afb【古本】殺す警官/サイモン カーニック



話は『夕陽はかえる』にかえるが、設定が少し変わっていても、それを違和感と感じさせないのは、作家の腕前だろう。

とりあえず、面白いミステリーを読みたい時には、こんな設定のミステリーである『夕陽はかえる』をご一読することをおすすめします。

殺し屋が探偵になると、そうか、こんな調べてかたをするんだね、と妙に感心したりする。

異常と言えば異常だと言えるだけに、それだけファンタジーなエンターテイメントとして、ご堪能ください。



Ryuichi Kasumi

1959年生まれ。
東宝勤務を経て、94年に横溝正史賞佳作入選の『おなじ墓のムジナ』でデビュー。
『スティームタイガーの死走』(2001)は『このミステリーがすごい!』4位に、『デッド・ロブスター』(2002)は12位にランクイン。
動物の見立てと、クイーンばりのロジックが融合した、スラップスティック味の濃い本格ミステリという、他に類を見ない作風で、独自の地位を築いている。

著者ホームページ
「霞流一探偵小説事務所」
http://www.kurenaimon.com/



【アマゾン】『夕陽はかえる』
  ↓
夕陽はかえる (ハヤカワ・ミステリワールド)




【楽天】『夕陽はかえる』
  ↓
夕陽はかえる

夕陽はかえる

夕陽はかえる

価格:2,205円(税込、送料別)






★このミステリーが面白い、このミステリがおもしろい、おすすめの傑作ミステリー小説、最新の現代ものから古典的名作ミステリー小説、名作推理小説まで200冊以上のサイト★
     ↓
このミステリーがおもしろい。面白いおすすめの傑作ミステリー小説200冊以上のサイト


ラベル:霞流一
posted by ホーライ at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年ベストミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月02日

★2008年「このミステリーがすごい」第1位:『警官の血』佐々木 譲(著)

佐々木 譲おすすめミステリー小説、お奨めの佐々木 譲のミステリー小説。佐々木 譲の名作ミステリーの面白い作品。

おすすめミステリー作家のオススメ面白いミステリー、おもしろい傑作お勧めミステリー小説は『警官の血』佐々木 譲(著)だ。


2008年「このミステリーがすごい」第1位。

「週刊文春ミステリーベスト10」国内部門第3位


佐々木 譲

1950(昭和25)年、北海道生れ。
札幌月寒高校卒。
本田技研勤務を経てフリーに。

’79年「鉄騎兵、跳んだ」でオール讀物新人賞を受賞。

’90(平成2)年『エトロフ発緊急電』で山本周五郎賞、日本推理作家協会賞、日本冒険小説協会大賞を受賞。

2002年『武揚伝』で新田次郎文学賞を受賞



昭和二十三年、警察官として歩みはじめた安城清二は、やがて谷中の天王寺駐在所に配属される。

人情味溢れる駐在だった。

だが五重の塔が火災に遭った夜、謎の死を遂げる。

その長男・安城民雄も父の跡を追うように警察学校へ。

だが卒業後、その血を見込まれ、過酷な任務を与えられる。

大学生として新左翼運動に潜りこめ、というのだ。

三代の警官の魂を描く、空前絶後の大河ミステリ。



戦後間もない東京であっさり警察官に採用された初代安城清二。

彼はふたつの未解決事件、つまり昭和23年、上野公園の不忍池で殺された若い男娼の事件と、28年の谷中のまだ少年の国鉄職員殺人事件に何か共通するものを感じ、独自に調査をしていた。

しかし、32年、自らが勤務する駐在所に隣接する天王寺の五重塔が炎上した夜、持ち場を離れて跨線橋から転落し、轢死した。

清二が謎の死をとげるまでの第一部から、その息子である民雄もまた警察官となるものの、公安部から北大の過激派グループへの潜入を命じられ、赤軍派による大菩薩峠事件にかかわった後、精神を病んで、父と同じ駐在所勤務となり、父の死の真相に肉薄しながら殉職する第二部、そして民雄の息子の和也もまた、安城家で三代目の警察官となる第三部へと続く。

それぞれの部では、一家三代それぞれの読み応え充分の独立した数々の事件・エピソードも語られるが、縦軸となるのは清二の死の謎と、彼が追いかけたふたつの未解決事件なのである。

三代60年の歳月をかけて、和也が辿りついた祖父と父の死に隠されていた衝撃的な事情とは・・・。


本書は、初代の死をめぐる事件が作品を貫いているが、清二、民雄、和也が命じられた任務の遂行は、世相をたどった戦後史であり、時代ごとに変化を遂げていった警察史であり、世間を騒然とさせた重大事件をあつかう犯罪史であり、かつ安城一家三代の家族史である。

本書で私は、単にスケールの大きな大河小説にとどまらない「警官の血」を受け継ぐということの矜持と、リアルに描写されたその時代時代を生きた彼らの警察官人生に思いを馳せた。



終戦後から現代まで3代にわたる警官の人生を世相を交えいろいろなエピソードを交えながら綴った一大叙事詩。

しっかりした、揺るぎのない文体が快感であり、最後の最後まで一気に読ませてくれる。

数々の謎も最後でないと解けないと言う見事な展開。

さすが数々の賞に輝いた作品である。

 
数々の苦難にあいながらも、主人公3代が自分の人生に、仕事に真摯に立ち向かう姿には本当に感動する。

勇気づけられる。

普段文句ばかり言っている自分が恥ずかしくなってしまう。
 
下巻最後エピローグでの和也を描いたところは涙が出るほど感動的である。



今、是非ともお勧めする小説、本当に名作!


【アマゾン】『警官の血』佐々木 譲(著)
  ↓
警官の血〈上〉 (新潮文庫)




【楽天】『警官の血』佐々木 譲(著)
  ↓
【送料無料】警官の血(上巻)

【送料無料】警官の血(上巻)

【送料無料】警官の血(上巻)

価格:660円(税込、送料別)






★このミステリーが面白い、このミステリがおもしろい、おすすめの傑作ミステリー小説、最新の現代ものから古典的名作ミステリー小説、名作推理小説まで200冊以上のサイト★
     ↓
このミステリーがおもしろい。面白いおすすめの傑作ミステリー小説200冊以上のサイト


ラベル:佐々木 譲
posted by ホーライ at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年ベストミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月30日

★2008年「このミステリーがすごい」第6位:『離れた家』山沢晴雄(著)

山沢晴雄おすすめミステリー小説、お奨めの山沢晴雄のミステリー小説。山沢晴雄の名作ミステリーの面白い作品。

おすすめミステリー作家のオススメ面白いミステリー、おもしろい傑作お勧めミステリー小説は『離れた家』山沢晴雄(著)だ。


2008年「このミステリーがすごい」第6位。

2008年 本格ミステリベスト10 5位


「本格の鬼」山沢晴雄の傑作、初の単行本化!

凝りに凝った謎解き短篇から、メタミステリ、幻想奇譚まで、選び抜いた名品を一挙収録。


山沢 晴雄

1924(大正13)年、大阪市生まれ。
本姓・山澤。大阪府立北野第二中学(旧制)卒。
1951(昭和26)年「砧最初の事件」「仮面」(『別冊宝石』)でデビュー。
「仮面」が懸賞コンクールに佳作入選。
1953(昭和28)年、『宝石』の懸賞小説では、「銀知恵の輪」が第一席となっている。
大阪市職員として定年まで勤めるかたわら、アンソロジー等を中心に短中編を発表し続ける。

『離れた家』が初の単著となる


硬質な文体が緻密なプロットと相まって、本格ミステリーを作り上げている。

いずれも短編なので、すっと入ってくるが、ミステリーはミステリーである。

こういう埋もれた人材(と僕らの世代は思ってしまう)を発掘して、世の中に紹介するのも、出版社の努めだよね。


【アマゾン】『離れた家』山沢晴雄(著)
  ↓
離れた家―山沢晴雄傑作集 (日下三蔵セレクション)





【楽天】『離れた家』山沢晴雄(著)
  ↓
離れた家

離れた家

離れた家

価格:2,940円(税込、送料別)




★面白い、おもしろい、おすすめの傑作ミステリー小説、最新の現代ものから古典的名作ミステリー小説、名作推理小説まで200冊以上のサイト★
     ↓
面白いおすすめの傑作ミステリー小説200冊以上のサイト


●村上春樹のおすすめの本●
  ↓
村上春樹のおすすめの本
posted by ホーライ at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年ベストミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。