2011年01月04日

★このミステリーがすごい(2007年)第2位 おすすめのミステリー小説『制服捜査』佐々木 譲(著)

佐々木 譲おすすめミステリー小説、お奨めの佐々木 譲のミステリー小説。佐々木 譲の名作ミステリーの面白い作品。

おすすめミステリー作家のオススメ面白いミステリー、おもしろい傑作お勧めミステリー小説は『制服捜査』佐々木 譲(著)だ。



●このミステリーがすごい(2007年)
     ↓
第2位『制服捜査』佐々木 譲(著)



札幌の刑事だった川久保篤は、道警不祥事を受けた大異動により、志茂別駐在所に単身赴任してきた。

十勝平野に所在する農村。

ここでは重大犯罪など起きない、はずだった。

だが、町の荒廃を宿す幾つかの事案に関わり、それが偽りであることを実感する。

やがて、川久保は、十三年前、夏祭の夜に起きた少女失踪事件に、足を踏み入れてゆく―。

警察小説に新たな地平を拓いた連作集。



●佐々木 譲

1950(昭和25)年、北海道生れ。
札幌月寒高校卒。本田技研勤務を経てフリーに。
’79年「鉄騎兵、跳んだ」でオール讀物新人賞を受賞。
’90(平成2)年『エトロフ発緊急電』で山本周五郎賞、日本推理作家協会賞、日本冒険小説協会大賞を受賞。
2002年『武揚伝』で新田次郎文学賞を受賞する


警察モノを書かせたら、1、2位の佐々木 譲。

タイトルが全てです。

もうひとつ、評価があまり落ちないことも良作の証ですね。

電車の中で読み出した第1話「逸脱」で引き込まれ、家で読み出した第2話「遺恨」から第4話「感知器」まで読んだ所で入浴時間。

浴槽の中で第5話「仮装祭」を読み切ってしまいました。

130ページ浴槽一気読みでへとへとになりましたが、途中で止められない罪な小説です^^;。

作者が得意とする北海道警察を舞台としたミステリーで、5編からなる短編集。

北海道の農村の駐在所に勤務する主人公。

一見、平穏な町で起きるいくつかの事件。

それぞれの事件が最後の事件に結びついていく。

ミステリーの完成度は非常に高く、短編それぞれのつながりが巧みです。

短編ひとつを読んだら、必ず次の短編を読んでしまいます。

そして、結局最後まで読んでしまいました。


時間つぶしに短編をひとつずつ読むつもりではなく、1冊続けて読む覚悟で読んでください!


個人的には一番ミステリー色の薄い第3話「割れガラス」が好み。

どんなにささやかに見える人にもそれぞれの想いがあり、どんなにささやかに見える職にもそれぞれの想いがある。

こういうどっしりとした人情味のある話は、テレビでは絶滅しましたし、ネットでもほとんど見かけないような気がします。

繰り返しますが本当に「良作」です。

あなたが頂点至上主義でないかぎり、読んで絶対に損はしません。


【アマゾン】『制服捜査』佐々木 譲(著)
  ↓
制服捜査 (新潮文庫)




【楽天】『制服捜査』佐々木 譲(著)
  ↓
【送料無料】制服捜査

【送料無料】制服捜査

【送料無料】制服捜査

価格:620円(税込、送料別)






★このミステリーが面白い、このミステリがおもしろい、おすすめの傑作ミステリー小説、最新の現代ものから古典的名作ミステリー小説、名作推理小説まで200冊以上のサイト★
     ↓
このミステリーがおもしろい。面白いおすすめの傑作ミステリー小説200冊以上のサイト


タグ:佐々木 譲
posted by ホーライ at 05:07| Comment(8) | TrackBack(0) | 2007年ベストミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月03日

★このミステリーがすごい(2007年)第1位 おすすめのミステリー小説『独白するユニバーサル横メルカトル』平山夢明(著)

平山夢明おすすめミステリー小説、お奨めの平山夢明のミステリー小説。平山夢明の名作ミステリーの面白い作品。

おすすめミステリー作家のオススメ面白いミステリー、おもしろい傑作お勧めミステリー小説は『独白するユニバーサル横メルカトル』平山夢明(著)だ。



●このミステリーがすごい(2007年)
     ↓
第1位『独白するユニバーサル横メルカトル』平山夢明(著)

●日本推理作家協会賞を受賞



タクシー運転手である主人に長年仕えた一冊の道路地図帖。

彼が語る、主人とその息子のおぞましい所行を端正な文体で綴り、日本推理作家協会賞を受賞した表題作。

学校でいじめられ、家庭では義父の暴力に晒される少女が、絶望の果てに連続殺人鬼に救いを求める「無垢の祈り」。

限りなく残酷でいて、静謐な美しさを湛える、ホラー小説史に燦然と輝く奇跡の作品集。



●平山 夢明

1961年、神奈川県生まれ。
’96年、『SINKER―沈むもの』で小説家としてデビュー。
2006年には、「独白するユニバーサル横メルカトル」で第59回日本推理作家協会賞を受賞。
同作を表題作とした短編集が「このミステリーがすごい!」2007年版で第1位に輝くなど、高い評価を得た。
数多くの連載を抱えながら、映画を始め、他メディアへも活躍の場を拡げている。



「メルカトル図法」って、覚えていますか?

小学校で習った「地図の形態の一種」ですね。


特異な題名以上に、読者に新鮮な驚きを与える衝撃的な短編集。

9つの短編を収めているのだが、一作毎に趣向が凝らされ、様々な形で恐怖と戦慄を与えてくれる。

ただし、読者を選ぶことは間違いない。


無垢な少年少女が、過酷な現実に直面する事によって自らも"優しさ"を喪失し、人間としての一線を越えてしまう話。

一見、単なるスプラッター・ホラーに見せかけた巧緻な構成を持つ作品。近未来の統制社会を舞台にしたSF風の作品ながら、捻りを凝らして人間の持つ"優しさと酷薄さ"を対比させた作品。

「羊たちの沈黙」のパロディの様な体裁ながら、これも捻りを凝らした作品。

更に、「地獄の黙示録」のパロディめいた内容を、初期の筒井のドタバタSF風に描いてみせた作品。

「地図」を物語の語り手にして、その持ち主の所業を徐々に明かして行く作品等々。

多様な作風とストーリー・テリングの巧みさに驚かされる。


全体として、ある一線を越えてしまった人々の狂気・喪失感を巧みに描いている感じがする。

越えるキッカケは、家庭環境、食欲、肉体的暴力、強迫観念、金銭欲、フトした原因で犯した最初の殺人等。


作品毎に文体を完全に変えているのも特徴的。

ワザとたどたどしく書いてあるもの、緊迫感に溢れた筆致のもの、静謐感が漂うもの、サンバのリズムが似合うもの。

そして、本作の特徴とも言える極度に醜悪な描写。

これは本当にリアルに描いてあり、読む方によっては生理的嫌悪感を覚えるかも知れないと心配される程。

これまで作者の作品を読んでいなかった事が悔やまれる、そんな秀逸な短編集。


チャレンジしてみますか?



【アマゾン】『独白するユニバーサル横メルカトル』平山夢明(著)
  ↓
独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)





【楽天】『独白するユニバーサル横メルカトル』平山夢明(著)
  ↓
【送料無料】独白するユニバーサル横メルカトル




★このミステリーが面白い、このミステリがおもしろい、おすすめの傑作ミステリー小説、最新の現代ものから古典的名作ミステリー小説、名作推理小説まで200冊以上のサイト★
     ↓
このミステリーがおもしろい。面白いおすすめの傑作ミステリー小説200冊以上のサイト



タグ:平山夢明
posted by ホーライ at 15:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 2007年ベストミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。